無料ブログはココログ

« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »

2008年12月

2008年12月28日 (日)

はじめてのPSK31

今度はPSK31に挑戦してみました。

すでにRTTYで様子が分かったので、ソフトをMMTTYからMMVARIに変えてやってみました。

毎週日曜10時からJARTSのロールコールがあるので、その時間帯に7MHzをワッチしていたら、口笛を吹くみたいな音が聞こえたのでMMVARIを起動。

丁度HLの局がPSK31でCQを出しており、JA相手に交信していたところだったのでしばらくの間タヌキワッチ。様子がつかめたところで呼んでみたら応答がありました。

PSKでの1stQSOの後、JA同士のQSOを聞こえていたのでワッチしてみましたが、PSKは日本語が使えるので、突然画面に漢字が現れてびっくりしました。漢字が使えるのは便利ですが、1交信あたりの時間が長くなるような気もして、効率的にはどうなんだろうかという印象です。

それから私のTS-480SATでは、PSKで送信すると100W設定でも25W出力に絞られてしまうようです。RTTYのときは50W出力に絞られてましたから、さらにその半分。なぜそういう動きになるのかは要調査です。

2008年12月 7日 (日)

はじめてのRTTY

昼前にクラスターを見ていたら、T31DX(キリバス)がRTTY(ラジオテレタイプ)で出ていると言うので18MHzを覗きに行った。

しかし僕が見に行ったときにはすでに運用停止していて何にも聞こえなかった。残念。

仕方ないのでしばらく18MHzをワッチしていたら、たびたびブログを読ませてもらっているJI1局がUA0ZCと交信しているのが聞こえた。 日本の局のほうはともかく、UA0ZCのほうも弱い信号の割によく復調できている。そこで、恐る恐るRTTYで呼んでみた。

一発で応答あり。

UA0ZC/Valeryは過去に電信で2度交信しているし、QSLももらっている。
でもはじめてのRTTYは緊張しましたね。初めてのRTTYなんですとか言おうと(タイプしようと)思ったんだけど、とにかく交信を無事終了させるのが優先で、そこまで余裕がなかった。


RTTYは電信の発展系みたいなものかと思ったけど、やってみるとこれは「チャット」だ。英文をタイプできると言うのは、日本人にとってはやりやすいモードであるような気がしました。

160mで再会

この週末のARRL160mコンテストにあわせて、土曜の夜に自作ホイップアンテナを設営したのであるが、コイルのタップを一番巻き数の多いところに持っていっても1.87MHz・・・ orz。

これでは、W/VE相手のQSOはできません。

後日エレメントの延長を行うことにして、今日のところは久しぶりに1.9MHzで国内サービスをすることにしました。

さて、最初に10Wで何局か呼びに行って、そのあと50WでCQを出し始めましたのですが、最後の最後でJR1の某局に呼ばれました。

聞き覚えのあるコールだな。。。そうだ、今年の夏に美ヶ原の「道の駅」でアイボールしたOMさんだ!このOMさんは車のルーフキャリアに8mの釣竿を立て、そこにコイルで短縮したローバンドのアンテナを設営しているという、今私が参考にしている移動スタイルを実践されている方である。

しかし電信で「今年の夏に美ヶ原でお会いしましたね」なんて打てるはずもなく、普通に599BKスタイルで終わらせてしまった。

QSLにはちゃんとメッセージを書いておこう。。。

« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »