無料ブログはココログ

« K5D - Desecheo I | トップページ | K5D - Desecheo I (その3) »

2009年2月21日 (土)

K5D - Desecheo I (その2)

今朝は5時半起きで、早朝の14MHz狙いで無線車出動。

6時半前には14MHzのアンテナを設営完了。

今回のアンテナはサガ電子のツェップライクアンテナを10mグラスファイバポールに垂直にはわせたもの。見かけはバーチカルだが、実際はエンドフェッドの垂直ダイポールである。給電点はあまり金属に近づけると良くないらしいので、地上高は1mまで上げた。

エレメント長は無調整でSWR=1.1ほど。全く無問題。

さて、バンド内を巡回すると、ノイズも少なく非常に快適。しかも信号はガツンと聞こえる。

SSBではFM1HM(マルチニーク)がWorkableなレベルで聞こえたし、CWでは6Y1LZ(ジャマイカ)がガンガン聞こえた。カリブ方面は十分開いているようだし、K5Dへの期待も高まる。

ところが。。。

クラスターにK5Dの情報がアップされたので14.190へ行ってみたが、さっぱり聞こえない。

それでは、と先ほどのアンテナの後方にリフレクタを置いて2エレ八木としてみたが、状況変わらず。

その後時間が経過して9時近くになっても、まったく聞こえない。

18MHzの情報もあがっていたので、モービルホイップで18.074を聞いてみたがこちらも聞こえない。

このあたりでK5Dはあきらめ、18MHzCWで聞こえていたYS4M(エルサルバドル)のパイルに参加してみたが、モビホ+50Wでは到底無理。

9時から始まったARRL DX CWを冷やかして未交信の州を探して、2州(アイダホ、アラバマ)ゲットしたのが今日の収穫となりました。Wの7エリアは意外と未交信が残っていた。あとはモンタナとワイオミング。人口少なさそう・・・。

« K5D - Desecheo I | トップページ | K5D - Desecheo I (その3) »

DX」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« K5D - Desecheo I | トップページ | K5D - Desecheo I (その3) »