無料ブログはココログ

« K5D - Desecheo I (その3) | トップページ | L型GP、あるいは、MicroVert的アンテナ »

2009年2月26日 (木)

デセチョ祭りも終わり

K5Dの運用も現地時間25日の午後までということで、日本時間の今日25日が最後のチャンスになりそうなので、平日ながら、夜討ち朝駆け作戦を実行した。

■朝駆け

今朝は5時半起きして、近所の公園に無線車を出動。6時半前から8時過ぎまで約1時間半、14MHzをワッチ。14.023でK5Dの信号を確認。6時台はカスカスだったが、7時半くらいになると十分にworkableなレベルで聞こえた。

K5Dがどの周波数を聞いているかというのも大体追えたので(14.026x台を拾うことが多かったように思う)、はじめてまともにパイルに参加した気分になった。

しかし、いわゆる「ポリス」、upだのQSYだのを打ちまくる輩が多かったのには閉口した。多くの人はカスカスの信号を聞いているのだから、黙ってて欲しい。

とにかくパイルがでかかったので、私のバーチカルや垂直ダイポール(両方試してみた)ではまったく歯が立たなかった。DXやる人にとって14MHzの八木は標準装備ですよね。。。

で、8時10分には撤収開始。慣れたもので約10分で撤収し、8時20分には現地を出発した。そこから車を走らせて駅まで行き、駅前の駐車場に車を停めて出勤。8時30分の電車に乗れたからずいぶんきびきびと行動したものだ。

■夜討ち

会社を出たのが18時30分。そこから電車に乗って朝、車を停めた駅まで行き、もう一度公園に行ってアンテナを展開。19時40分くらいから7MHzでワッチをはじめたが、7023ではずっと短点を打ちまくっている局がいて、K5Dが出てくる気配は無い。クラスターには1.8MHzの運用情報が流れただけだった。さすがにこの時間からでは遅かったか。

3.5と7を行きつ戻りつしたが結局K5Dの信号は確認できなかったので、あとは通常の運用を楽しむことにした。今日は7でT27A(ツバル)、H6VA(ニカラグア)と交信できた。H6VAは今まででは一番良く聞こえていて、今回こそきちんとピックアップしてもらえた。

他に3.5でKP2/K3CT(USバージン)とか4S7NE(スリランカ)が聞こえたけど前者はパイルがきつく、後者は信号が弱くて交信にはいたらず。スリランカを逃したのは惜しかった。

3.8ではYN2N(ニカラグア)が良く聞こえていたが、3.8のパイルで打ち勝つのは至難の業。なんせこちらは50W出力。

これで約1週間にわたるデセチョ祭りは終わりました。お疲れ様でした。

« K5D - Desecheo I (その3) | トップページ | L型GP、あるいは、MicroVert的アンテナ »

DX」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« K5D - Desecheo I (その3) | トップページ | L型GP、あるいは、MicroVert的アンテナ »