無料ブログはココログ

« JA1XGI/VK9X | トップページ | IRCが品薄、郵政民営化 »

2009年5月16日 (土)

手堅く2エンティティ、ハイバンドが開けるのも悩み

なんやかやでGWは忙しかった!無線するヒマ無かった!

今日はほぼ2週間ぶりの移動運用です。

すっかりコンディションも夏型になって、夕方~夜に掛けてハイバンドが開けてます。今日は18MHzの欧州方面が絶好調。クルマのルーフに設置したフルサイズバーチカルでもEA5KAがreadableに聞こえていたのには心躍りました。EAって欧州の中でも一番奥のほうで、なかなか信号を聞く機会が無いのですよね。まあQSOにはいたりませんでしたが・・・。

それでもIS0(サルディニア)とOE(オーストリア)という、大して珍しくもないが実はまだQSOしてなかった2エンティティをgetしました。それもIS0はSSBだった。よく届いたものです。

ET3JAなんかも18MHzSSBで聞こえましたが、こちらのほうはドパイルになっていて、太刀打ちできません。ハイバンドが開け始めるとこの辺りが悩みです。どういうことかというと、

ハイバンドが開ける→多エレメント八木所有の局が多数参戦→50W+バーチカルの貧弱設備ではつぶされる

という図式になってしまうからです。

ローバンドの場合、多エレメント八木を持っている局はそう多くないので、短縮していないバーチカルで結構戦えるのですが、ハイバンドはそうはいきません。なるべく早くCQを見つけて、パイルにならないうちに交信してしまわないといけなさそうです。

« JA1XGI/VK9X | トップページ | IRCが品薄、郵政民営化 »

DX」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« JA1XGI/VK9X | トップページ | IRCが品薄、郵政民営化 »