無料ブログはココログ

« TX3A/Chesterfield | トップページ | WWDX-CW »

2009年11月24日 (火)

鉄骨造アパートでの接地事情

今日は車の登録変更手続き(ナンバー変更)のため、お休みをもらいました。

ナンバー変更自体は午前中で終わったので、午後から自宅アパート(2階)から電波を出す方法を探ってみました。

我が家は軽量鉄骨の3階建てアパートです。具体的にはダイワハウスの「セジュールL3」というタイプ。ベランダ手すりなどはアルミ製で、おそらく建物躯体との導通はありません。ただ、この手すり、幅も広くて一部品あたりの長さは数mあります。これがうまくアースとして機能してくれないだろうか、と考えていました。

そこで今日は、モービル基台を手すりに固定し、アースは第一電波工業のMAT50でこの手すりに静電結合させてみました。ちなみに手すりはアルミなのでMAT50はくっつきません。しかし幸いなことに平面部分がMAT50の幅より広いので、手すりの上にぺたんと置くだけにしました。

モービルホイップは第一電波のHFシリーズを使いました。今日はHF16/12/10FXを使用。

さて結果は・・・、18~28MHzでは十分SWRが落ちました。

弱いながらも24MHzCWではTX3C(Chesterfield)等も聞こえ、実用になりそうな手ごたえを得ました。18MHzではA31AのRTTYもプリントできました。

自宅では飛びも悪いしインターフェアが怖いので、本腰を入れた運用はするつもりはありません。しかし、ちょっと家を離れられないとき、自宅からオンエア出来たらいいなと思っていたので、これで少し目処がつきました。あとはアンテナ設置に関して、家人のOKが出るかどうか・・・。

« TX3A/Chesterfield | トップページ | WWDX-CW »

DX」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« TX3A/Chesterfield | トップページ | WWDX-CW »