無料ブログはココログ

« 変更申請 | トップページ | 鉄骨造アパートでの接地事情 »

2009年11月22日 (日)

TX3A/Chesterfield

夕方になるとTX3Aが7MHzあたりで強力な信号を送り込んでいることは知っていたのだが、夕方のローバンドはほぼ間違いなくEU指定になってしまうため、「聞こえるのに呼べない」という状況に陥ってしまう。そこで、今日は明るい時間帯のハイバンド狙いで移動を掛けた。

と言いながらも、休日は無線以外にもやるべきこともあるわけで、今日は移動に出かける前に、まず近所のリサイクルショップに不要になったコタツとアイロンを売りに行った。

モノを査定してもらっている間少し時間があるので、駐車場でリグをセッティングしながらクラスターを見ていると、すでにTX3Aが上がっている。

そこであわてて18MHzのアンテナをつけ、パイルに参戦。

18MHzでも信号は強力で、モービルホイップでも落とせそうな雰囲気。

早速up2前後で呼ぶこと数回、「JF1H」で応答が。そこでサフィックスだけ2回繰り返して無事コピーしてもらえました。TX3AのオペレータはVK9GMW(私の初の160mDX)のときと同じ。彼らの運用は本当にうまいので、まず間違いなくログに載ったでしょう。

そのあと、近所のショッピングセンターの屋上駐車場に移動して、5W0KHと18MHzSSBで交信。このショッピングセンターの周りには特に何も無いので、モビホでも飛びは良いようです。

その後は近所の公園駐車場に戻って1.8/3.5/7/10/14の「ギボシ+ベースローディング式」バーチカルを架設し、ローバンドを狙います。おりしもFK/JA1NLXが10MHzで聞こえていて、up4くらいでQSO成功。NLXさんがどの辺りを聞いているのか最初良く分からなくて苦労しました。

« 変更申請 | トップページ | 鉄骨造アパートでの接地事情 »

DX」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 変更申請 | トップページ | 鉄骨造アパートでの接地事情 »