無料ブログはココログ

« WWDX-CW | トップページ | 新着QSL:6Y1V »

2009年12月12日 (土)

BU2AQ@160m、初EU@80m

今日は家人が夕方から外出したので、18時過ぎ、無線車を出動。近所の公園へ向かいます。到着後、バーチカルを立てて、7MHzからワッチ開始。

今日はあまりコンディションがよくないらしく、7023で聞こえていたJD1BMM石原さんの信号もかなり弱い。南鳥島のローバンドは持っていないので、石原さんが島にいる間にQSOしておきたいのだが、今日はダメだった。

今日の出動の主な目的は160mバンドへのQRVである。先日のWWDXで結構交信できたので、ここはもう少し稼ぎたいところだ。ところが今日はアンテナがなかなか同調しない。結局、WWDXのときよりもかなり巻数を減らした状態(34-0.5=33,5T)でSWR=2.5くらいになった。これ以上は改善しないようだったので、これで呼びに回ってみることにする。

160mのアンテナは、日によって、また、アースシートの置き方、置き場所にも影響を受けるようで、なかなか難しい。

今日の160mバンドはWを呼ぶJAしか聞こえなかったが、20時過ぎ、BU2AQがCQを出していたので早速コール。何度か振られたが、3度目くらいのコールで「?F1SYG」とコールバック。ここから約2分ほど掛けて10回以上コールを繰り返してやっとフルコピーしてもらえた。台湾相手でこの状態なのだから、それより遠くへ飛ばそうと思ったらこれは大変だ。

その後、80mにQSYするが、今日はほとんど何も聞こえない。JCC/GサービスのJAが少し聞こえるくらいだ。そのうち3505にOH9の局が居るとスポットが上がったが何も聞こえず。しかしそのすぐ下の3503でCQを出しているOH7HXHを発見。かなり弱い信号だったが呼んでみたところ、一発コピーしてもらえた。結局HIS/MY=559/549でQSO成立。なんと80mにおける初EUであった。

21時になるともう呼べる局も居なくなった。夕方に比べ幾分風が強くなって、グラスファイバポールの揺れも激しくなってきたので、ここでQRT。

« WWDX-CW | トップページ | 新着QSL:6Y1V »

160m」カテゴリの記事

コメント

こんばんは、80mでの初EUと160mでのBU2AQとの交信、おめでとうございます。
160mのBU2AQ、信号は強く入感するのですが(相手の)受信はあまり芳しく無い様子です。
私も彼との交信の時は1~2分掛けてやっとコールサインをコピーしていただきました。
南国特有のノイズ等が考えれますが、ただ単にPOWERの違いかもしてませんねhi
このパターンは160mで599+で聴こえてくるHS0ZEEにも言えるのですが。尤も、西日本の方々は普通に交信されているので地域差もあるのでしょうね。
JD1BMM石原さんとは80~6mまでは交信していただいていますが160mが無いので離島される前に何とかしたいのですが....
FB DXを!

BMFさん、こんばんは。
BU2AQはあまり耳がよくないのですかね。
今のところ160mDXは、設備の優れたペディション局頼みなので、今後は、いろいろな制約下にある常設局とどのくらい交信できるかが課題かなーと思っております。

南鳥島のロランC閉局に伴う撤去作業は2月くらいまでらしいですね。それまでにどれだけ出来るでしょうか。私もがんばってみます!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« WWDX-CW | トップページ | 新着QSL:6Y1V »