無料ブログはココログ

« ARRL DX CW(二日目) | トップページ | VP6DX,V51AS CFM »

2010年2月23日 (火)

八木アンテナのマッチングについて

最近ハイバンドのcondxが良いので、移動用に、簡単に設置できるHFの八木アンテナを作れないかと考えている。

以前、移動用に垂直2エレというものを作った。(2008年11月30日の日記参照)

これは垂直ダイポールの後ろ側に、1/2λより少し長めの反射器を置いただけの、かなりいい加減なアンテナである。給電は、50Ω同軸を直付けしているのであるが、それで本当に良かったのだろうか、と気になっていた。

というのも八木アンテナ系では、ガンママッチとかスタブとか、何らかのインピーダンスマッチングをとるのが普通だからである。マッチングも取らずに八木アンテナでござい、というのは私の無知をさらすようでかなり恥ずかしいことだったのではないか???

それで、ネットでいろいろで調べてみたのだが、結論としては「マッチング回路無し」もアリというのが分かってきた。

八木アンテナは、一般に給電点インピーダンスが20Ω以下に下がるらしいのだが、それはゲインとかFB比を優先させて設計した場合の話で、反射器や導波器の間隔を適切に選べば、50Ω直接給電が出来る。具体的には2エレでは、輻射器と反射器の間隔が0.2λ程度なら、給電点インピーダンスが50Ωくらいになる(CQ出版「アンテナハンドブック」p350)。2008年の日記で、「反射器との間隔は4mくらいが一番いい」と言っているのは、要するに、この2つのエレメント間隔は0.2λが良い、と言っているのだ。

また、複数の記事で、輻射器と導波器の間隔を狭く取ると、インピーダンスを持ち上げることが出来るらしいことも分かってきた(3エレの場合)。

ということで、昔使ったこのアンテナもあながち怪しい代物ではなかったのだな、安堵している。

« ARRL DX CW(二日目) | トップページ | VP6DX,V51AS CFM »

アンテナ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ARRL DX CW(二日目) | トップページ | VP6DX,V51AS CFM »