無料ブログはココログ

« N7UA@160m その2 | トップページ | エイプリルフール、遅れてきたQSL »

2010年3月30日 (火)

覚書き:Walking DX

DXingに向いた見晴らしの良い場所を見つけても、車の入れない場所であることは多い。

河川敷、広々とした公園の中心部、ビルの屋上・・・。こういう場所にアンテナを建てられたらどんなに良いことだろう。

もっともFT-817と軽量アンテナ(VCHアンテナなど)を使えばそういった場所へのアクセスは容易だ。そのかわり、「QRP」という、DXingにはなかなかつらいハンデを背負うことになる。

そう考えると、「FT-857+軽量アンテナ+大容量バッテリー」という組み合わせで50W出すことは出来ないのだろうか。

FT-857は送信時14A、受信時でも1A流れるらしいのだが、小型のシールバッテリなどは6Ahあたりがいいところ。連続受信で6時間、そこに時折50W送信すれば、運用できる時間はもっと短くなる。

でも僕の最近の移動運用のスタイルは、近所の公園に車で出かけていって、せいぜい3時間くらい運用してくるというものである。これはひょっとすると、小型バッテリーを使って、車の入れない場所で運用することも可能かもしれない。

移動運用でDXCCを追いかけるとか、50Wにホイップアンテナで160mのDXをやるなんて、最初は無理だと思っていたことが結構できている。とすると、この「Walking DX」も、チャレンジしてみる価値はあるのかもしれない。

« N7UA@160m その2 | トップページ | エイプリルフール、遅れてきたQSL »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« N7UA@160m その2 | トップページ | エイプリルフール、遅れてきたQSL »