無料ブログはココログ

« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »

2010年4月

2010年4月11日 (日)

YI9PSE/17mSSB

今日は午後から近所の公園に出かけ、クルマのルーフトップにフルサイズのバーチカル(14/18/21MHz用)をあげて運用。今日の狙いはYI9PSE(イラク)。

今日は18.074(CW)と18.145(SSB)の同時運用になっていたので、この二つの周波数を行ったり来たりしながら呼び続けた。

■電信

まず最初に電信のパイルに参加したのだが、YI9PSEがどの周波数を拾っているのかさっぱり見当がつかない。たいてい呼ぶ側の局が聞こえるので、それを追いかけることで相手の受信周波数がわかるのだが、今日は呼ぶ側の局がほとんど聞こえない。

しかもEUとJAをほぼ半々の割合で拾っていくので、EUを拾っているときは相手の信号が聞こえるはずも無く、全く見当がつけられない。

そんなこんなでUP1~4くらいのいろいろな周波数で呼んでみたがちっともかすらない。

■電話

どうも電信は具合が悪いので、SSBに行ってみる。

こちらのほうはUP5指定なので呼びやすい。パイルのほうも電信より少ないような気がする。しかし信号は強いとは言えず、ハイバンドのS/Nの良さでなんとか聞こえている感じ。

こちらのほうも何度か呼んでみるが、CQ連呼のときでさえかすりもしない。

やっぱりSSBのほうが難しいよね。。。と思っていたのだが運用開始から2時間あまり、SSBで呼んでいたらコールバックが返ってきた。なんとか59/59でレポートを交わして交信成立。しっかりコールバックが聞こえたから、成立しているはず。

ということで、一応今日の目標は達成したのだが・・・。

イラクにはフセイン政権下だったその昔、YI1BGDというクラブ局があって、結構活発に運用していたように思う。交信にはいたっていないが一度だけ信号を聞いたことがある。しかし私がQRTしている間、湾岸戦争があり、イラク戦争があり、私が無線にカムバックする頃には、イラクは無線どころではない状態になっていた。

そういうことを考えると、交信できた、素直に喜んでいいのかどうか良く分からないな。

2010年4月 1日 (木)

エイプリルフール、遅れてきたQSL

今日DXクラスターを覗いたら「P5/OH2BH」という局がスポットされていた。

「おお??北朝鮮からQRV? またMarttiがやったのか?」

と思ったが、考えてみたら今日はエイプリルフールなのだった。

閑話休題。

JARLから私の0エリアのコール宛のQSLが届いた。

中を見るとすべて2007年に交信したものだった。

なんで今頃3年前のQSLが届くのだろう?ひょっとして棚に置き去りにされていた?

だとしたら困った話だ。

« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »