無料ブログはココログ

« ハムフェアに行ってきましたが。。。 | トップページ | 電信のできるハンディ機が欲しい(2) »

2010年8月28日 (土)

電信のできるハンディ機が欲しい

最近電車に乗っているときとか、ちょっとした空き時間のときに、「このちょっとした時間の間にCWでQSOできたら!」と思うことがある。

実際にはそれは不可能だから、携帯をいじったりして過ごしているわけだけれど、よく考えてみると電信と携帯のメールには共通点がある。それは

 どちらもしゃべらなくて良いコミュニケーションツールである

という点である。

携帯電話は、いつの間にか通話よりもメールの道具として使われるようになったけれど、それは、まさに「しゃべらなくてよい」ということが、「いつでもどこでもコミュニケーションツール」の条件だったからである。不特定多数の人がいる中で、大きな音を立てるというのはやはりよろしくないのだ。

僕はクルマで移動運用をするけれど、それはクルマの中だったら声を出しても周りの迷惑にならないからである。でも観光地の展望台とか、ビルの屋上とか、他の人もたくさん居る中でハンディ機を取り出して無線をするのは気が引ける。スピーカーの音はイヤホンで消せるけれど、自分のしゃべる声は消せないから。

ということで、手のひらサイズのハンディ機で電信が打てる機種が欲しいなあー、なんて思っています。とりあえず周波数はV/UHFで良いです。これだったら人に迷惑を掛けることなく、思う存分見晴らしの良いところで無線が出来ます。

どこかのメーカーで作ってくれませんかねぇ。昔はミズホの「ピコ6」なんてのがありましたが・・・。

« ハムフェアに行ってきましたが。。。 | トップページ | 電信のできるハンディ機が欲しい(2) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。
自分も同様な考えを持つ事があります。
高校生時代(今から35年程前!)はハンディ機(と言っても昔のアルマイト製弁当箱の様な)を持って移動していると周囲の人々から珍しがられて質問責めにあった記憶があります。相当なステータスがありましたが、昨今の携帯電話等の普及によってこんな機械はメーカーさんも作らない(V.UのFM機等は別ですが)ですね。
Y社のFT-690,290,790シリーズの様な機械は本当に良く出来ていたと思います。
現在は一番初期型のピコ6を所有しています。(多分使える筈です)
FB DXを!

FT-x90シリーズ、ありましたね。あれは憧れました。学生時代はとうとう買えずじまいでしたが、数年前にFT-817を買ったときは、あの頃のリベンジのような気がしたものです。

ピコシリーズは確かSSBとCWに対応していて、パネル上の小さなスイッチでCWが打てたような気がします。違ったかな?いまさらながらにピコシリーズの良さに気付かされた次第です。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ハムフェアに行ってきましたが。。。 | トップページ | 電信のできるハンディ機が欲しい(2) »