無料ブログはココログ

« 近着QSL:TF8SM、4O3A | トップページ | CO8LY@17m by Moxon »

2010年9月26日 (日)

17m Vertical Moxon

17mmox

目下、HFハイバンドのビームアンテナをいろいろ画策中ですが、今度はこんなのを作ってみました。17m用のVertical Moxonです。

3月に2m用のMoxonを試作したのですが、HF用については構造的な不安が解決できなかったので、しばらく製作をお休みしていました。今回、軽量なクロスマウント部製作の目処がついたので実際に組み上げてみました。

■製作編

マストは、ワールドワイドのGR-H-1000。10m長のグラスファイバポールです。

クロスマウントは塩ビパイプ(VP13)とU字ボルトで、出来るだけ部品点数を減らして製作。

塩ビパイプは、そのままだと2本のパイプが十字にしっかり固定できないので、グラスファイバポールが当たる部分に熱した半田ごてを当てて、少し凹ませています。このクロスマウント部分の重量は74g。

Crossm

このクロスマウントの塩ビパイプ(VP13)に、約1.5m長のグラス釣竿を挿して、水平方向のマストとします。グラス竿は近所の釣具店「上州屋」で購入。

エレメントは近所のホームセンターで買ってきたVSF線で製作。寸法はMoxon専用設計ソフト「MoxonGen」の寸法そのままにカット。

ちなみに、給電点は小さめのヒューズソケットで製作。給電ケーブルは架空部分が1.5D-2Vで、マストの辺りからリグまでは3D-2Vを使用。給電部での接続は、今後15m用Moxonでも使えるようにするためワニ口クリップで着脱可能にしてみました。

Feedpnt

あとは、MoxonGenで出した寸法どおりに、エレメントを縦横のマストにテープで止めるだけ。

■調整

さて、まずはアナライザでSWRの下がる点を探しますが、なんと16MHz台で1.2程度。そこでラジエータを少し切り詰めます。結局ラジエータの両端を10cm切り詰めたところ、1.7くらいまで追い込めたのでここまでとしました。

さて、このとき虚数成分は13Ω位でしたので、共振点は?と思い、追い込んでみると、虚数成分が最小(一桁)になるのは18MHz台後半から19MHz台。このときの実数成分は25Ω。

実は2mMoxonを作ったときも、共振点におけるインピーダンスは約25Ωだったのです。Moxonは50Ω給電が売りのひとつなのですが、実際に作るとどうもインピーダンスが50Ωにならない。ちなみにMoxonGenで出てきた寸法をMMANAに入力して計算してやると、一応実数成分が50Ω弱、虚数成分が一桁になるので、MoxonGenの計算がおかしいというわけでもなさそうです。この「インピーダンスが25オームになる問題」は今後の課題かもしれません。

■ためし打ち

さて、今日の18MHzは静かです。多くの人はWW RTTY コンテストに参加しているのかもしれません。

それでもW7SがCQを出し続けていましたので、この局をモニターにしてビーム方向を振ってみます。この局の場合はFB比でS2-3くらいの差が出ました。

同じくCQを出していたW5IZ。この局の場合はSメータ的にはほとんど変わりませんでしたが(579くらい)、耳で聞いていると、バックの時は頼りない信号がフロントに持ってくると力強い信号になる、という感じです。

今日はめぼしい局が出ていなかったので、実力は分かりませんでしたが、先日試した14MHz位相給電2エレよりは設営が楽なので、また試してみようと思います。

« 近着QSL:TF8SM、4O3A | トップページ | CO8LY@17m by Moxon »

アンテナ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 近着QSL:TF8SM、4O3A | トップページ | CO8LY@17m by Moxon »