無料ブログはココログ

« 同軸のハンダ付けで気づいたこと | トップページ | カリブ方面 »

2010年9月 6日 (月)

TF8SM@20m

今日はお休みをもらっていたので、早朝のEU,AF狙いで近所の公園へ。

ここのところアンテナ製作ばかりで運用のほうが出来てなかったので、いつものバーチカルアンテナを組み立てたら、まずワッチからスタート。

14MHzの下のほうで、強力ではないものの、そこそこの強さでTF8SMが聞こえていた。ほぼ同時に覗いたクラスタにもアップされたばかりらしく、パラパラ数人が呼ぶ程度。2,3度の待ちの後、拾ってもらいました。Icelandはこれが1stQSO。

---

とりあえずノルマ達成のような気がしたので、運用は一休みし、昨日購入しておいた1m^2くらいのアルミ製レンジカバーをバーチカルのアースに使う実験をしてみた。

結果から言うとNG。14MHz/18MHzともにSWRは3程度。バンドによる変化は見られないけれど、SWRが下がりきらない。ためしに、18MHz用に約4mにカットした1本ラジアルを地面に転がしてみたら、半分に折って転がしたときにSWRが1.1程度まで落ちた。1本でもラジアルのほうがまだマシの模様。

---

そのあと再び運用に戻り、空振りCQを連発していた3D2IIとQSO。しかし18MHzで聞こえていたらしいFMやCOは全く信号は聞こえず。

その後は21MHzにあがってオールアジアコンテスト参加局を何局か呼ぶ。

KE1B、W1EBM、W9SR、N9ZIRといった東海岸方面が聞こえていたけれど、呼べるような強さではなく、かろうじてN8OO(LA)と交信できたくらい。

« 同軸のハンダ付けで気づいたこと | トップページ | カリブ方面 »

DX」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 同軸のハンダ付けで気づいたこと | トップページ | カリブ方面 »