無料ブログはココログ

« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »

2010年11月

2010年11月28日 (日)

WWDX CW

今回のWWDXは、初日の夜のみの運用のつもりでしたが、日中の細切れ空き時間を使って、14/21でZL8XとQSO。14MHzは相変わらず信号が弱くて、無事ログインできたかどうか不明。

夕方は当初の予定通り、無線車を繰り出して移動運用。18時過ぎ~22時半くらいまで運用できました。

結果は、7MHz=31QSO、3.5MHz=9QSO、1.8MHz=2QSO 計42QSOでした。

■7MHz

 18時台にまずZL8Xを落として、バンド内巡回を開始。直後にGM5XとQSO。この時間帯だからひょっとしてLPだったのだろうか? カリブ方面はPJシリーズがスポットされているものの、今日はさっぱり聞こえず。

 それでも21時台になってZF1AとQSO。そんなにパイルになっていなかったのだが、交信するまで結構手こずった。結局、数分のQRXの後、呼ぶ人が居ないタイミングを待ち構えて、ものにした感じ。 同じ21時台にHK1NがCQを出していてzone9を送っていた。zone9の局は他にいない様子だったのだが、なぜかスポットもされていなかったので、比較的容易に交信できた。

 22時台になって4L8AとQSO。zone21。実はグルジアは未交信だったので、先ほどのZFとあわせて本日は2up。

■3.5MHz

 ロシア極東と、ハワイ、アラスカ、W6と交信できた程度。

■1.8MHz

 こちらはロシア極東のみ。23時近くになって1.8244あたりでZL8Xが出てきたのだが、ときおり信号が歯抜けになるような不安定な聞こえ方で、呼べるような状態ではありませんでした。もう少し遅い時間になるとコンディションも良いのかもしれませんが、明日の予定もあるので途中で諦めて撤収。

今年は全体的に、7MHzの飛びが悪い感じがした。昨年まではフルサイズバーチカルで結構一発で取ってもらえる場面が多かったように記憶しているのだが、今年は、呼んでいる時間が長かった。そろそろローバンドで遊べるピークの時期は過ぎたのでしょうか。

2010年11月23日 (火)

ZL8X、初日が出る

ここのところ毎週のように泊りがけで出かける用事があり(10/10清里、10/23松江、11/6病院で検査、11/13岩手、11/21浜松・・・)、なかなか運用の時間が取れなかったのだが、祝日の今日、昼から時間が取れた。

かといって移動するほど余裕も無いので、自宅のベランダホイップでワッチ。

クラスターを見るとZL8Xで大賑わい。そこで、各バンドワッチしながら、ひとつでも多く落としていくことにする。

結果、1時間ほどの間に18CW、28CW、24CWと立て続けにQSOできた。この3バンドの中では24が一番強かった気がする。21はRTTYが聞こえていたがEU指定だったので呼ぶチャンスは無し。14がなぜか他のバンドに比べて弱く、ほとんど聞き取れない。

夕方、17時台から7MHzCWで強力な信号が聞こえていたが、こちらのほうは呼べども応答無し。10MHzでも何度か信号を聞いたがこちらもダメ。でもこの感じだと、いつもの場所に移動してフルサイズのバーチカルで呼べば交信できそうだ。あとは運がよければ3.5/1.8もいけるかも、という感触でした。

2010年11月20日 (土)

ZL8X@40m

ケルマディックからのZL8Xの運用が始まった模様です。

先ほど23時台に、自宅アパートのベランダホイップ(7MHz)でもはっきり信号が聞こえました。

あいにくEUをさばいていましたので(EU指定のCQではなかったけれど)、呼ぶチャンスはありませんでした。

オセアニアあたりなので、なんとかQSOできないかな?

2010年11月17日 (水)

持って行こうか、いくまいか

例年WWDXCW部門では、春のARRLDX同様、多数のWと交信し、WASの足しにするのが楽しみの一つなのですが、今年は、電波を飛ばさずに、自分が飛んでいってしまうことになりました。

11/28(日)からWに出張となりました。

11/27はまだ日本にいますので、初日の夕方から夜のローバンドは楽しめると思うのですが、二日目の朝のハイバンドは参加が難しそうです。むむむ。。。

しかし、せっかくWに行くのなら、無線機をもって行けばいいのでは?

Wの場合、相互運用協定があり、かつ、事前の申請は不要ですので、無線機を持って行けば、制度的にはすぐオンエアできます。しかし、基本的に仕事なので、大きな無線機は持っていけないし、都市部のホテルに泊まりますからアンテナを張る場所もありません。

ということで現在、VX-2でも持っていこうかと考えております。

でもV/UのFMで電波出したところで、英語でラグチューできるのかかなり怪しい。いやできないだろうな・・・。

そんなわけで、現在思案中。

2010年11月 7日 (日)

久々にローバンド

今日は5時半くらいから、今シーズン初めてのローバンド運用です。

アンテナは昨シーズンと同じ。エレメント長10m、ベースローディングの1.8/3.5/7用バーチカルです。

最初はまだ夜明け前でしたので1.8MHzへ。

バンド内はにぎやかですが、アンテナのほうがなかなか同調せず、今朝の運用は断念。

続いて3.5MHz。こちらのほうはSWR=2くらいまで落ちましたのでワッチを開始。3505でCQを出していたHA8FKを呼んだところ応答あり。双方559/559でQSO。QSOの途中でこちらから送ったレポートの再送を求められたのですが、先方も自分の信号がどれくらいで届いていたのか気になっていたのかもしれません。3.5MHzでEUと交信できたのは幸先が良いです。しかしそれ以外にDXが見当たらず、他のバンドへ。

7MHzはCWバンド内がバタバタと言う強力な妨害信号で使える状態に無く、7.1以上のSSBバンドへ。OX3KQなどの信号がか細く聞こえる程度で、今日は望み薄な感じ。

10MHzはアフリカ方面が聞こえていました。9U0A(ブルンジ)がまあまあ聞こえましたが、呼べるほど強くはなく、またパイルも大きくて断念。5N50Kなどもスポットが上がってましたが、こちらではほとんど聞こえず。ワッチの途中、CE3FZが弱く入感。この時間帯なのでLPのようです。クラスタに上がる前から呼んでいたのですが、交信にはいたらず。

明るくなったので18MHzにも上がってみましたが、XE2HQIの弱いCQに応答するも、全く応答がもらえません。結局きょうは1局のみで終了。

帰宅まで少し時間があったので、1.8の同調改善のため、アースシートを替えてみました。

今日はA3版の銅箔をクルマの屋根に敷いていたのですが、これをもっと大きな1m^2くらいのキッチン用の油ハネ防止アルミ箔に換えてみました。すると1.82付近にSWR=1.5を持ってくることが出来ました。3.5MHzでもSWR=1.5程度まで落とせました。やはりローバンドはアースの効きがものを言うようです。

ついでにローバンド用のもうひとつのコイルで3.8MHzの同調を確認したところ、これもSWR=1.5までもってこれました。これで今シーズンもなんとかローバンド運用できそうな状況になりました。

2010年11月 3日 (水)

20m Moxon

Moxon20m

この秋に、17m、15m用のビームアンテナとして「Moxon」を作ってみたのであるが、やはりDXのメインストリートである20m用のビームアンテナが欲しいところ。そこで、20m用でもMoxonを作ってみることにした。

例によって「MoxGen」で設計するわけだが、これまでの経験から長めの寸法が算出されることが分かっている。そこで、今回はそれを見越して、ターゲット周波数=15.1MHzで作ってみることにした。これで共振周波数はバンド内のどこかに来るはずである。

アンテナのワイヤ自体は、暇な時間をみて作っておいたので、今日は夕方から江戸川の河川敷で設営を試みた。

20mバンドともなるとMoxonの垂直部分は7mを越える。1.5~2mくらいの地上高は欲しいから、アンテナを支えるマストは、9mは必要になる。ところが手持ちのマストはグラスファイバポールである。実際にポールを伸ばしてみると先端のほうはちょっとした風ですぐにしなってしまう。しなるくらいならいいが、ぽきっと折れてしまうと元も子もない。

そこで、今回は2方向にステーを張ることにした。ステーを張るために地面にペグを打ち込もうとしたが、ここの河川敷の地面は結構硬く踏み固められているので、おいそれとは打ち込めない。そこで、車に積んであった重量物(予備のタイヤベース)をペグ代わりにした。

さて、なんとか設営を完了し、アンテナアナライザで共振点を測ってみると、なんと、14.190MHz付近でインピーダンスが41+9j[Ω]になった。若干虚数成分が多いような気もするが、この周波数がもっとも虚数成分の少ないところだったので、これで調整完了とした。

さて、ビームの切れであるが、ステーを張っているためアンテナの回転が出来ず、今回は確認することが出来なかった。次回はステーリングなどを取り付けるなどの工夫をしたい。

とりあえずビームは真北の方向に向けていたので、CQを出していたDLの局を呼んでみたところ、His=579、My=539でQSO成立。EU方向には堤防があるので、打ち上げ角の低い垂直系のアンテナでは難があったかもしれない。

これでHFの主要なバンドでビームアンテナが使えるようになったが、20mに関してはステーが必要と言うことで、普段使いには使いにくい感じ。

« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »