無料ブログはココログ

« ZL8X、braveheart号のエンジン | トップページ | モンタナget »

2010年12月12日 (日)

ローバンド狙いのはずがARRL10m

今日は近所の川でごみ拾いをする活動に参加することになっておりました。

ごみ拾いは朝10時からですが、河川敷ということもあり見通しのよさそうな場所なので、早めに現地入りして無線をすることにしました。

現地には7時過ぎに到着して、土手下の駐車場に車を停め、3.5~10MHzあたりをワッチしました。

3.5でLZが、10MHzでは9Q50ONも聞こえましたが、かすりもしません。

クラスタを見るとこの時間に14MHzで8J1RLがスポットされており、早速覗いてみると、JA局とSSBでラグチューをしているところでした。「8J1RLとは以前7MHzでも交信いただいてますねー」なんて話をしているのを、「オレはまだ一度もQSOしていないんだけど」と思いつつ、しばらくガマンして待ちます。しかし結局8J1RLは、そのあと北米のパイルを捌きはじめてしまい、QSOのチャンスはありませんでした。どうもツイていない。

そうこうしているうちに、ごみ拾いの集合時刻が迫ってきます。

日も高くなってしまったし、しかたないので、あまり乗り気じゃない「ARRL10m」に参加してみることにしました。乗り気じゃない理由はちゃんとしたアンテナを用意していないからで、今日はコメットの移動用アンテナ「BNC750」でオンエアです。

それでも28MHzはそこそこ開いていて、CE1/K7CAとQSOできました。

ごみ拾いの後、多少見通しが良くなることを期待して、今度は車を土手の上の空き地に移動して運用再開。

もうお昼も過ぎているのでもっぱら28MHzでQSOでしたが、FO、9M6、DU、VK、ZLなどと交信。先日のWWDX(ph)では28は比較的容易に交信できたのですが、今日は結構てこずりました。まったく相手に電波が届いていない感じがすることも多かった。また、受信信号に波があって、強く聞こえているタイミングを狙って呼ばないと交信が成立しない感じでした。

そろそろ帰ろうか、と言うところで、21MHzを覗いたところ、VK9NNが弱く聞こえていました。これを何度か呼んだところQSO成立。Norfolkはバンドニューでした。

« ZL8X、braveheart号のエンジン | トップページ | モンタナget »

コンテスト」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ZL8X、braveheart号のエンジン | トップページ | モンタナget »