無料ブログはココログ

« 2010-2011にかけてのいろいろ | トップページ | Walking DX(お試し) »

2011年1月 9日 (日)

今年の初運用

1月8日(土)、今年の初運用に行ってきました。

6時頃から1.8のANT設営を開始。しかし思うようにSWLが落ちず、そのうち日が昇ってきてしまったので、おとなしく7MHzの運用に切り替える。

■7MHzの戦果

AC4HB

7009付近で「CQ JA」を出していたのでコール。QTHはVA。この時間帯ですからLPと思われます。

8Q7FF

JK1FNL小林OMによる運用。UP指定ですが相当なパイルになっていて歯が立たないので、バンド内巡回しながら断続的にワッチをしていました。バンド内巡回中、8Q7FFに応答してもらった局を見つけたのですが、その周波数がパイルの山から少し離れたところだったので、もしやと思い同じ周波数で呼んだら一発応答をもらいました。運が良かった。

V5/DJ2HD(受信のみ)

7160で大パイルになってました。はじめオンフレでそのうちUP5に。同じ時間帯にCNとか5Nのアフリカがクラスタに上がってたのですが、当局にはほとんど聞こえず。でもこの局は特別強くて、よく聞こえていました。

■アースについて

日が高くなってから、1.8短縮バーチカルのSWR改善を試みました。

今日のアースは台所用レンジガードのアルミ箔だったのですが、面積はそこそこ広いものの、クルマの屋根に密着できない(=結合が十分でない)という課題がありました。そこでホームセンターで売っていたアルミ製保温ブランケット(「NASA開発!」という奴(笑))を使ってみました。こちらのほうが柔らかいのでクルマの屋根に磁石でぴんと張ることができます。面積もより広い。これを使うとSWR=1.3くらいまで落とせました。やっぱりローバンドはアースが命なんでしょうか。

« 2010-2011にかけてのいろいろ | トップページ | Walking DX(お試し) »

DX」カテゴリの記事

コメント

 JK1FNL小林です。8Q7FFとの交信有難うございました。パイルの中心から離れた周波数でのコール。お見事でした。

小林さん

海外からの運用ではいつもお世話になっております。50W+バーチカルで細々とやっております。今回は無理かな?と思っていたのですが、運良く交信することが出来ました。ありがとうございました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 2010-2011にかけてのいろいろ | トップページ | Walking DX(お試し) »