無料ブログはココログ

« 今年の初運用 | トップページ | WW160m »

2011年1月16日 (日)

Walking DX(お試し)

関東地方は今朝はかなり冷え込んだようで、我が家の周辺も今朝はうっすらと雪が降りました。今週は連日の新年会やは来客などで忙しかったこともあり、無線の運用はなし。DX0DXも時期未定の延期になってしまいましたし、「たまには無線をしないで家に居ろ」というお告げなのかもしれません。

さて、しばらく前に、徒歩で海外DX移動運用をする「Walking DX」なるものをしてみたいと書きましたが、昨夏の終わりに、こんな感じで移動運用してみました。

F1000395

装備はFT-817ND(2.5W)+コメットのホイップアンテナBNC750です。アースはありません。FT-817の筐体がアースとして働いているようで、ロッドアンテナ部分の伸縮だけで内蔵SWRメータがほとんど振れない状態まで調整できました。

場所は品川区の某所。周囲は運河に面しています。

まず7MHzで都内の方とQSOして、そのあと18MHzでKH2とQSOできました。7MHzの国内QSOでは519というレポートをもらっていましたので、KH2と交信できたときは驚きました。やはりハイバンドはローパワーでも飛びますね。

このあと、気を良くして新宿区内の某公園からもオンエアしたのですが、こちらのほうは1局も交信できませんでした。1局だけコールの一部分をコピーしていただいた方が居たのですが、「あなたの信号はとても弱い。SRI」と言われて交信にはいたらず。やはり周囲がビルに囲まれていると国内QSOすらままならないようです。

今回の機材は、アンテナも含め、普段私が通勤に使っているかばんの中にすっぽりと納まりました。都内に向かう電車の中でもまったく邪魔になりませんでした。

さて、次はFT-857+小型シールバッテリを使った徒歩による50W移動運用に挑戦したいのですが、いつのことになりますやら。リグとバッテリはありますので、あとはアンテナやアースをどうするかが課題になりそう。

« 今年の初運用 | トップページ | WW160m »

移動運用」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 今年の初運用 | トップページ | WW160m »