無料ブログはココログ

« Walking DX(お試し) | トップページ | EA5GX@15m »

2011年1月30日 (日)

WW160m

今年のWW160mは、初日の夜(北米狙い)と二日目の朝(EU狙い)で参加してみました。

■初日(1/29)

21時前に移動場所に到着し、21時過ぎから運用開始。

まずRA0FUから一発応答をもらって交信できたので、これは幸先が良い・・・と思ったのですが、それ以降が全くダメ。北米はN7XM(NV)、N6ML(CA)、K7NJ(UT)が聞こえましたが、かすりもせず、唯一応答をもらえたN7DD(AZ)も最後は尻切れトンボで交信できたか怪しい。N7DDは去年のWW160mでも尻切れだったのですよね。

アジアのRK0LWWとかB4Bも全くこちらの信号が聞こえていないようで、交信できず。仕方なくJA局数局にお相手をしてもらって、初日は撤収。

去年に比べてJAの参加局多い感じ。DXの信号は聞こえるのだが、JA局のカブリがひどくて完全にマスクされてしまうような状況。

■二日目(1/30)

5時起床で移動し、5時半頃から運用開始。

昨日と同様、バンド中JA局で埋め尽くされている感じ。それでもzone16のUT5MとかUU7Jがよく聞こえていました。この辺と交信できると、私にとっては160m初のEUです。

しかし、両局ともこちらの信号は全く届いていない模様。こちらが呼んでいる間に相手がCQ送信を始めてしまいます。

結局EUとの交信は望み薄なので、3.5/7にあがって数局のEUと交信してお茶を濁しました。

ここのところのcondxでは、もう160mでEUとやるのは無理なのか・・・。

■マルタ騎士団

そんな中、7時前くらいから7018付近にパイルが出来ている。ご本尊がどれか良く分からなかったのだが、「JAなんとかKM」みたいなコールが聞こえる。あまりコールをアナウンスしてくれないので、しばらくじっと聞いていると、これが「1A0KM」でした。

マルタ騎士団は私の中ではMt.Athosと同じくらいレアなので、ぜひ交信したいところですが、とても50W+Verticalで打ち込めるようなパイルではありません。日が高くなるにつれ信号も弱くなっていきましたし、受信のみで終了。

« Walking DX(お試し) | トップページ | EA5GX@15m »

コンテスト」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« Walking DX(お試し) | トップページ | EA5GX@15m »