無料ブログはココログ

« 新着QSL:CO8LY | トップページ | ARRL DX CW »

2011年2月11日 (金)

QSLing

当地は朝から雪が降り始め、ほぼ終日雪の舞う一日となりました。

こんな日は移動運用も出来ないので、未発送QSLの整理をしました。

JA局の一般的な習慣として「QSOしたら、すべてのQSOに対してQSLを発行する」というのがあると思います。これはJARL会費さえ払っていれば追加料金なしでQSL交換ができるという日本ならでは環境によるものと思いますが、国内QSOならいざしらず、DX相手となるとダイレクトで請求する場面が多く、金銭的に100%QSL発行が難しくなります。

そこで、私はQSL発行(請求)に優先度付けをしています。

 ①最優先:ニューエンティティの場合

 ②優 先:モードニュー、バンドニューの場合

 ③ベストエフォート:同一バンド・同一モードで他の局からQSL受領済みの場合

 ④発行しない:その局と過去にQSO済みの場合

私のシャックには②③の未発送QSLが積んであり(①は発送済みなので無し、④はそもそも印刷しないので無し)、今日はそれらのQSLを「仕分け」したわけです。

このQSLたちをチェックしたところ、何枚かはLoTWでCFMしていました。それで、LoTWでCFMしたものはQSL発行しないことにし、残りのQSLのうち②に該当するものについてSASEを作って発送しました。LUの28S、CXの7C、VR2の14R、BYの18Cなど意外なところが未CFMでした。

それにしても他の皆さんはどんな方針でQSLを請求しているのでしょうか。すぐにQSLを発行しないでしばらく寝かせておくとLoTWでCFMできたり、その後にQSOしたぶんも一緒に複数QSOを一括請求できたりするメリットはありますが、相手の局の健康状態や不測の事態などにより、時間が過ぎると回収が難しくなる場合もあります。特に無線をやっている方は高齢の方も多いので、悩みどころではあります。

« 新着QSL:CO8LY | トップページ | ARRL DX CW »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

こんばんは、JN3TRKです。私は①、②の条件の場合はダイレクト請求します。 ③の場合がいつも迷うのですが AFなら無条件でダイレクト、EU.NAはビューロー行きが増えてきました。 LoTWでCFMできてもやはり紙QSLは欲しいのです hi 

TRKさん、書き込みありがとうございます。

私も「紙QSLが欲しい」派なので、基本的には請求するようにしています。記事には書き漏らしましたが、ニューでない限り、ビューローが使えるところにはビューローに送っています。あとはダイレクトのみの局をどうするかで、実態としては財布との相談(笑)ですね。

ご無沙汰しておりました。
自分の場合は、ほぼ99.5% ビューロー頼みです。
SASEとか最近のOQSLは本当に「これだ!」と決めたものだけの状態で、強いて言えば例の VP6DX 位。
後は、Mailで請求してビューローで送って貰うのが一番安い!早い!(闇雲にビューローで待つよりは、ですが!)
G3SXW等々イギリス方面は、この方法が多い様です。
結果はブログに記載の通り、WKDはするもののCFMはサッパリ!と言う図式です。hi
各局 FB DXを!

BMFさん

QSL請求ポリシーは皆さん様々なようですね。

MailでQSL請求してくれ、という局も最近は多いのでしょうか。これだと請求に要する時間も手間も最小で済むのでずいぶん助かりますね。(かく言う私も、先日、N7DDにメールで160mのQSLを請求しましたが!) GL!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 新着QSL:CO8LY | トップページ | ARRL DX CW »