無料ブログはココログ

« アフリカ惨敗 | トップページ | 今年初のニュー:4A4A@40mCW »

2011年2月27日 (日)

ThinkPad 更改&SSD化

先日、デジタルモード用に使っていたThinkPadX31の液晶が壊れてしまった。
うっすらとではあるが画面が確認できるので、液晶そのものが壊れたと言うよりはバックライトが壊れたようだ。

バックライトの交換は2万円くらい掛かるそうで、それならば新しい中古のパソコン(表現が変だが)でも買おうと、秋葉原の中古パソコンショップを物色した。

秋月電子、千石電商のならびにある「イオシス」で買ってきたのがこれ。
ThinkPad X60s(Core solo U1300 1.06GHz)。

Tpwmmv
リース流れなのか、お店にはCore soloモデルが大量に陳列されていた。私の場合、WinXPを入れて、デジタルモード端末にするか、出先でのメールとWebに使うくらいなので、デュアルコアでなくてもOK。そこで「電池が新品」「IBM RefreshPC」という安全パイなものを購入した。税込み28,800円。

その後、ヨドバシアキバに行って、先ほど購入したX60sのHDDと同じ容量(60GB)のSSDを購入。X31の起動が最近とても遅かったので、この機会にSSDにしちゃうつもり。


家に帰ってきて、まずX60sのXPを普通にセットアップし、その後中身をそっくりSSDにクローンした。
HDDクローンは普通、「HDD箱」に新しいHDDを入れて外付けHDDとし、クローンソフトで本体のHDDの中身をそっくりコピーするのであるが、今回購入したSSDにはもとからUSBの口がついていて、附属のUSBケーブルとつなげばそのまま外付けHDDになってしまうのだった。

クローンソフトも、前に一度使ったことのある「Acronis True Image」の試用版を使い、HDDのリカバリ領域もそっくりコピーすることが出来た。

最後にSSDをX60sの中に収めてスイッチオン。

見事一発で起動してくれました。

起動時間は確かに速い。

よく「XPで3ピロくらい」と言ったりするそうだが、確かに、XP立ち上げ画面の下の「ピロピロ」が3回半くらいで起動する。 起動が速いというのは、RTTY/pskの信号を見つけてからオンエアするまでの時間が速いということなので、これは助かります。

PC全体の重量も若干軽くなったようだし、使用電力もHDDより少ないし、デジタルモード移動運用用としてはまずまず。これでRTTYのアクティビティを上げられるかな・・・。

« アフリカ惨敗 | トップページ | 今年初のニュー:4A4A@40mCW »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« アフリカ惨敗 | トップページ | 今年初のニュー:4A4A@40mCW »