無料ブログはココログ

« JF1HYG/0で運用再開 | トップページ | 移動局はひとつしか持てないらしい »

2011年5月28日 (土)

0エリアでの運用の感想

ベランダにホイップアンテナを仮設置して一週間過ぎた。

現在の設置状況はこんな感じ。

Img_1487

ベランダに設置したアンテナ。アースはMAT50で。ベランダ柵が今まで見たことの無いデザインで、基台を取り付けるのに少々困った。

Img_1485

室内への引き込み口。換気口をふさぐ部品(ウォールキャップとかクーラーキャップとか言うらしい)に穴を開け、Mコネをつけただけだが、意外ときれいにまとまった。

さて、この一週間運用してみた感想などを書いてみます。

1.ノイズが少ない!

埼玉に居たときは14~21MHzでも結構ノイズがあって、ナロ-フィルターで300Hzくらいまで絞ってやらないと、目的の信号が聞き取りにくかった。よく雑誌などでは「フィルターは500Hzくらいにして複数の信号を同時に拾ってます」なんていう記事を見かけるが、実際にそれをやろうとすると、肝心の信号がノイズに埋もれてしまって聞き取れない状況だった。

しかし長野に来て、状況は一変。

ここ長野市内は明らかにノイズが少ない。かなり弱い信号でも聞き取りが可能。もちろんフィルターも、500Hzくらいにするのが丁度いい感じ。ノイズが少ないと耳も疲れないので快適です。長野市だって30万くらいの人口はあるのに、こんなに差があるとは驚き。

2.山の影響はまだ良くわからない。

長野市は盆地の中にあるので、周囲はことごとく山に囲まれている。特に北西方向の山が近いのでヨーロッパからの信号がどの程度影響を受けるのか気になっていた。

今日は丁度WPX(CW)コンテストだったのでワッチしてみたのだが、一応SP、E7などヨーロッパの近場の信号は聞こえている。2,3日前はアフリカ(ST2AR)の信号も聞こえたから、西方向から信号が来ていることは確か。ただ、ドカンとEUが聞こえてくる感じではない。ドカンと聞こえないのはコンディションのせいだと思いたい。

ノイズが少ないのは冬場のローバンドでも有利に働きそうだが、どうなるか。

« JF1HYG/0で運用再開 | トップページ | 移動局はひとつしか持てないらしい »

移動運用」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。
お引越し、もう落ち着かれましたか?
お写真で拝見するとロケーション的には良さそうな感じですね。
近くの商用電源の架線がちょっと気になります。
実は、自分も今回の震災の後、MOBILE運用とは別に、マンションのベランダに簡単なANTを設置して...と考えています。
ANTスタイル、アースの方法、ノイズ・インターフェアー対策等々、これまでのノウハウから御助言いただけますと助かります。
FB DXを!

アパマン運用に関しては、正直なところ私もそれほどノウハウがあるわけではないので、参考になりますかどうか(汗)。
アパマン運用に関して私がよく参考にしているのはJI1ANI福井OMのblog
http://psk31.cocolog-nifty.com/digitalmode/
です。氏のblogはエッセイ風ながら、他の人に読まれることを意識されている文章で、参考になります。

やはりそちらでは、震災復興の中、MOBILE運用しづらい雰囲気というものがあるかな?なんて思ってみたりしています。GL!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« JF1HYG/0で運用再開 | トップページ | 移動局はひとつしか持てないらしい »