無料ブログはココログ

« WWPH 二日目 | トップページ | 給電点を屋根の上に上げる »

2011年10月30日 (日)

WWPH 二日目夜の番外編

今日は日中は、家の仕事を片付け、夕食後少し手持ち無沙汰だったので、あまりやるつもりは無かったけど、アパマン環境からローバンドの様子を伺ってみました。

7MHzで、5mの釣竿+ATUに100W入れるとそこそこ北米まで飛んで行くので、モノは試しと3.8MHzにチャレンジ。アンテナはさすがに5mでは心もとないので、10m釣竿+短縮コイルとし、ATUは使わないことにしました。

すると1時間ほどの間に、HL(距離的には国内同然)、KH6、BYとできて、北米西海岸もかろうじてできました。相手はW6UCというこのバンドの主みたいな局。相手の設備に甘える作戦はうまくいきました。

3.8はやはり遅い時間帯のほうが良いようで、22時台前半より、後半のほうが北米方面のシグナルは強くなりました。

これでアパマン環境から、3.8MHzのDXができそうなことがわかってきました。でもコンテストの時限定だろうな。。。

« WWPH 二日目 | トップページ | 給電点を屋根の上に上げる »

コンテスト」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。
私が3.5MHZで使用している第一電波製のMDC-200+80mコイル、3.8MHZでは同調が取れない(ANTチューナーでもNG)ため、3.8MHZだけは運用数が非常に少ない状況です。
1.8MHZのANTコイルを一部利用したイカサマ3.8スペシャルで昨年HC8Nと交信出来た時には自分でも吃驚していました。
相手局の設備にも助けられましたが、要は「やれば出来るものだ」と思います。
継続した運用記を期待しています。
FB DXを!

3.8でHC8とはすばらしいですね。
このバンドで、しかも50Wで南米とやるのはなかなか大変だと思います。
私も3.8は一番運用の少ないバンドで、まだSA,AFを持っていないのです。もともとそれほど運用の多いバンドとは思えないので(耳が悪いだけ?)、ペディションやコンテストをうまく利用してチャンスをものにしたいものです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« WWPH 二日目 | トップページ | 給電点を屋根の上に上げる »