無料ブログはココログ

« WWPH 初日 | トップページ | WWPH 二日目夜の番外編 »

2011年10月30日 (日)

WWPH 二日目

今朝は6時起床で、近所の河川敷へ移動。今にも雨が降り出しそうな天気で心配。

■15m(機材:50W + 垂直Moxon)

昨日の経験から、10mは2エレくらいのアンテナでは非力だと言うことが良く分かったので、素のままでも多少は飛びの期待できる15mのMoxonをセッティング。6時台~7時台はこれでがんばってみました。

結果、Zone1~Zone5まで北米はすべてのzoneとQSO。VE2IMはうれしい初めてのZone2。

FY5KE(仏領ギアナ)が59で聞こえていて、それほど大きなパイルになっていなかったのでしばらく呼んでみました。しかし、こちらの電波は届いていないらしく、すぐCQになってしまいます。よく聞こえていただけに残念。

■10m(機材:50W + 垂直Moxon)

8時台になってからこのバンドにチャレンジしてみました。こちらはZone3~5までQSOできました。東海岸までは飛ばなかったようですが、QRZ.comで見るとMNとかFLあたりとQSOできている模様。このくらい開けてくれると12月のARRL10mも楽しそう。

このバンドでもFYが聞こえていましたが、15mに比べると信号は弱く、呼べるほどではありませんでした。

■その他

9時台になって雨が降りはじめ、風も少し出てきたので、Moxonはたたんでしまいました。それからはモビホあるいはギボシバーチカルであちこちのバンドを行ったりきたりしながらの運用。

24MHzCWではTX7Mが弱く聞こえていたのでQSO。モービルホイップでもそれほど時間は掛からず落とすことができました。

■Phoneでの発音について

今回のコンテストでは、私のコール「JR0ELG」は非常によく間違えられました。

私は普段「Japan Radio Zero Echo Lima Germany」でコールするのですが、これが以下のように間違えられるのです。

 パターン1:「JR7ELG」

 パターン2:「JR0JLG」 「JR0HLG」

 パターン3:「JR0ERG」

パターン1は、「0」が「7」に間違えられるものです。「0」については「ゼロ」以外に、「ズィーロウ」(航空管制っぽく) 「セロ」(スペイン語圏向け)などいろいろ言い換えをするのですがうまくいきません。なぜうまく伝わらないのかまだ良く分かりません。

パターン2の「E」については「Echo」の第二音節にアクセントを置いてしまうと、アクセント的に「Hotel」や「Japan」に聞こえてしまうようで、途中から第一音節にアクセントが来るように気をつけました。

パターン3は「L」と「R」の混同です。これは日本人相手には良くあることなのですが、今回外国人相手でもしばしば発生しました。「Lima」って言っているのに「Romeo」で応答されてしまう。これも原因不明。

それにしてもPhoneのコンテストは疲れます。Phoneはどうしても力勝負になってしまうので、私のような弱小50W局はマイクで何度も叫ぶことになり、労多くして益少なし、です。来月のWWCWはもうちょっとマシに運用できると良いのですが。

« WWPH 初日 | トップページ | WWPH 二日目夜の番外編 »

コンテスト」カテゴリの記事

コメント

WW参戦、お疲れ様でした。
自分もSSBは疲れます。
何たって「飛びません!」
次に、自分の場合はラストレターの「F」が伝わり難く、南米局には「フランシーア」、北米や亜細亜・太平洋州には「フロリダ」を使います。(欧州は何故かあまり間違えられない HW ?)
前歯が二本折れていて(喧嘩した訳ではありません hi )「歯抜け」状態で発音も悪く、やはり自分はCWとRTTYの法が楽です。
FB DXを!

BMFさん、東京遠征お疲れ様でした。
「F」も難しいですよね。私もよく「H」に間違えられました(JF1のコールのとき)。

私も、パワーはなくとも、テクニックで対応できるCWが好きです。
まあ、一度くらいは、マイクに向かって普通にしゃべるだけで十分電波が届くくらいの設備を持ってみたい気もしますが・・・。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« WWPH 初日 | トップページ | WWPH 二日目夜の番外編 »