無料ブログはココログ

« 謹賀新年、古いログをLoTWにアップしてみた話 | トップページ | 三連休はささやかに160m三昧 »

2012年1月 7日 (土)

素朴な疑問:8J1RLのQSL

当地長野は連日氷点下の寒さで、年明け以降すっかりQSL請求のみの活動になっています。

さて昨年、南極昭和基地の8J1RLと4回もQSOできたのですが、ここで素朴な疑問が生じました。

8J1RLのQSLってどうやって入手するのでしょうか?

8J1RLをJARL特設局だと考えれば、こちらからのQSL請求は不要で、待っていればビューロー経由でQSLが届くはずです。

でもそういう記述が、QRZ.comにも、8J1RLのblogにも、JARLのサイト上の8J1RLページにも書いてないのです。

ロシア・ボストーク基地のRI1ANCなどはマネージャが居て、そこにダイレクト請求すればQSLがもらえます。8J1RLだってビューローを使っていない局とQSOする事もあるだろうし、そういう場合のQSL請求の方法がありそうなものですが・・・。

« 謹賀新年、古いログをLoTWにアップしてみた話 | トップページ | 三連休はささやかに160m三昧 »

DX」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。
8J1RLのQSLカード、自分の場合でお話すれば請求しなくてもJARL経由で届きました。越冬隊の隊員が帰国してから発行しますので、場合によっては1年間近く待つ事になりますがLOGインしていれば問題無く届きます。
自分が以前、JARLが開設した特設(特別?)局、例えば 8J7ITU、8J7EMC、8J7C等々の場合でも当該局にQSLを送る必要は無く、JARL会員の方にはJARL経由でお送りしていました。
(長文になりますので、別項で続きを送信いたします。)

続きです。
7エリアの場合、例えば8J740Mの時等では特設局運用者がQSLを記載して発行します。(現在ではPC入力して印刷しています)
QSOの際に「ワンウエイでお送りします。」とアナウンスしている場合がこれにあたります。昔、「一方的にお送りします」と言っていた時期もあった様ですが、自分には「高飛車」的に思えたので自分は一切使用しませんでした。
QSLですから該当局宛に送っても問題はありませんが、自分の場合は「お送りいただいてもJARL事務局のダンボール箱に仕舞われてしまうだけで勿体無いですから、お送りいただかなくても結構ですよ」とアナウンスしていました。
ご参考になれば幸いです。

BMFさん

詳しい解説ありがとうございます。
やっぱり8J1RLは、他のJARL特設局と同じに考えればよいですよね。

昔の8J*特設局は、ハムフェアと何かの博覧会があるとき等にJARL事務局が大々的に運営しているものが多かったのですが、最近は一般のハムがイベント用に開設した感じの局が多く、昔の「一方的に」「ワンウェイ」方式がどこまで踏襲されているのか良く分からなくなってきたのです。

少なくとも8J1RLはワンウェイ方式で考えてよさそうなので、今の遠征隊が帰国するまで、ゆっくり待ちたいと思います。GL!

JARE53のJG2MLIと申します。
皆さんお書きの通りJAビューロの場合、カードはお送りいただく必要はありません。
ダイレクトの場合はSASEでJARL宛に送れば返信されます。
53次隊の場合は私(JG2MLI)宛にSASEで送って下さっても構いません。
但し、どの場合も帰国後の2013年4月以降の発送になります。

吉川/JG2MLI@昭和基地

吉川さん、昭和基地から書き込みありがとうございます。53次隊による8J1RLのサイト、見せていただきました。QSLに関する情報も確認できました。

年末から2月中旬に掛けて52次隊の皆さんとバトンタッチされたようですね。53次隊の皆さんともQSOできることを楽しみにしております。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 謹賀新年、古いログをLoTWにアップしてみた話 | トップページ | 三連休はささやかに160m三昧 »