無料ブログはココログ

« HK0NA WKDまでの道のり (1)がまんの初日 | トップページ | VP6T、V31JZ/P@40m »

2012年1月29日 (日)

HK0NA WKDまで道のり (2)諦めないのはやっぱり大事だ

■1月29日(日)

朝8時前に家を出て、河川敷へ。

24MHzMoxonを建ててHK0NAを待ち伏せ。

20120129_083630

しかし、一向に入感がない。

クラスタには28.405MHzでスポットが上がっていたので、アンテナはそのまま、リグの周波数を変えてみたら、強力ではないものの、呼べる程度には聞こえている。かといってアンテナを28用に組変える時間もないので、急遽ホイップを建ててワッチしてみるが信号はかなり弱い。同調が取れていなくてもビームアンテナはそれなりに耳が良いみたい。

しかしここで28に浮気して、アンテナを組み替えている間に24に出てきたら困るので、じっと我慢。コンディションの変化とともに下の周波数に降りてくることを期待する。

ところが、その後21MHzにスポットが上がった。21.275。

むむむ、24をスキップされてしまったか・・・と思い、仕方なく、アンテナを21に組み替え。

■21MHz

アンテナ組み換え後の、HK0NAの入感状況はこんな感じ。

これは良く聞こえます。だが、みんな大好き21MHz。人口も多いとみえて、大パイルです。

とても50Wで打ち込めそうもありません。

あと聞こえている周波数はどこだ?

クラスタ情報では、割と早い時間から18MHzでもスポットが上がっていたので、わずかな望みをかけて18MHzを聞いてみることにします。

■18MHz

とりあえずバーチカルで18.130にあわせてみると、そこに誰か居る程度の信号しか聞こえません。これはちょっと呼べない。

それでは、と18MHzMoxonの準備を始めました。

しかしここでトラブル発生。

私のMoxonは腕木となるサブの釣竿が2段継ぎになっていて、28~21MHzは1段だけでいいのだが、18~14MHzは2段目を必要とするのです。この2段目の腕木が全部で4本必要なのだが、今日はなぜか1本足りない。

ここで一度Moxonをあきらめたのだが、いやいや、多少形が崩れても垂直ダイポールくらいにはなるだろうと諦めずに組み立て始めたら、なんと、行方不明の4本目を発見。1段目の中につっかえたままになっていたのでした。諦めて組み立てに着手しなかったら発見できませんでした。

そして次のトラブルが発生。

Moxonの支柱となっているグラスファイバポールの長さが足りず、エレメントが十分に展開できない。

私のMoxonは垂直型なので、周波数が下がるほど、高い支柱を必要とします。私は支柱になるグラスファイバポールを高いのと低いのの2本持っているのですが、最近ハイバンドを使う機会が多いせいで、今日も低いポールで建てていたのでした。18-14MHzの場合は高いポールを使わないといけなかったのに・・・。

とりあえずこの状態でHK0NAを受信するとコンディションも上がったのか、そこそこ聞こえます。SWRも悪くないので、えいやっと呼んでみましたが、応答ありません。

そこで、少し時間はかかるが、支柱のグラスファイバポールの交換を行いました。

交換、といっても事実上アンテナの組み直し。まあエレメントの配線だけは組んであるから、その分の時間は短縮できます。

そして、11時過ぎにようやくまともにアンテナを展開。

風が強くなって、思い切り支柱がしなりますが(何せ「釣竿」なので)、ポールが折れる前にHK0NAを落とすべく、ワッチを再開すると、HK0NAの信号強度はまずまず。そして丁度空振りCQを出している。

これはチャンスとばかりに呼びますと、2局目くらいで取ってもらえました。

交信直後の入感状況はこんな感じ。

ポールが折れては大変なので、この後すぐに撤収を開始しました。

■今日の教訓

・諦めないのはやっぱり大事だ。

・「諦めた」は、「心がくじけた」 を体裁良く言う表現に過ぎない。

« HK0NA WKDまでの道のり (1)がまんの初日 | トップページ | VP6T、V31JZ/P@40m »

DX」カテゴリの記事

コメント

車の正面が東ですか?
飛びそうな運用場所ですね
凍える寒さの中、迎撃運用お疲れ様でした
真冬でも展開できるbirdiedさんのMoxonは
武器ですね。
諦めずに3バンド目の18MHzでのマルペロGET
やりましたね、読んでいてこちらもうれしくなる記事でした。

先のコメント、birdiedさんになってました、sri
birdieさん、HK0NA ログサーチもOKですね
おめでとうございます。

TRKさん

コメントありがとうございます。
車の正面は南西の方向になります。マルペロ方向は東北東くらいだと思いますが、東北東方面を撮ろうとすると、川の方から撮らないといけないので、こんな構図になっています。

ログサーチは私も確認できました。ほっとしました。

皆さんみたいにモビホで交信できると良いのですが、なかなかそうはさせてくれないようですね~。

あともう1週あるようなので、1バンドでも多く交信できるように粘ってみたいと思います。GL!

難攻不落と言われるHK0NAゲット、おめでとうございます。
昔からJAのDX界では相当に困難な事に「マルペロ級」と称する位ですから、1つでも交信出来た時の喜びは一入だと思います。
残りの時間で、MORE BAND MORE MODE の交信を目指しましょう。FB DXを!

BMFさん

書き込みありがとうございます。
BMFさんのアドバイスを生かすことが出来て良かったです。
「マルペロ級」と言われるのは、上陸困難かつ地形が悪いせいであって、それらがクリアされた今回のペディションは、そんなに難しくはないと思っていたのですが、いやいや手こずりました。

ローバンドは難しそうなので、ハイバンドで少しでも増やせるようにしたいと思います。GL!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« HK0NA WKDまでの道のり (1)がまんの初日 | トップページ | VP6T、V31JZ/P@40m »