無料ブログはココログ

« HK0NA WKDまで道のり (2)諦めないのはやっぱり大事だ | トップページ | HK0NA@30m HRD »

2012年1月31日 (火)

VP6T、V31JZ/P@40m

昨春から、長野~大宮間の新幹線通勤になったせいで、自宅に帰ってくるのが早くても(残業なしの場合)20時半くらいになります。

その時間から夕食をとって、一段落するのが21時半~22時くらい。

もし無線をするとすれば、それからです。

今日はHK0NAのローバンドが割合良く入感していたようで、22時ちょっと前から、自宅アパマン環境の10m釣竿バーチカルで7/10MHzを聞きますと、いささか頼りない信号で聞こえています。しかし呼ぶにはちょっと弱すぎ。もう少し早い時間だったらもっとマシな信号だったかもしれないのですが、そのような時間に帰ってくるには「マルペロ風邪」でも引かないとダメかもしれません。

そんなわけで22時を過ぎたくらいでHK0NAをあきらめ、バンド内を巡回しておりますと、所々に「599TU」スタイルの交信が聞こえる。

7013付近にV31JZ/Pがぎりぎりreadableな信号で聞こえていて、どうやらオンフレで捌いています。そのままコールするとJR1ELZ?で応答が返ってきたので、JR1ELZ→JR0ELZ→JR0ELGと訂正ながら、拾ってもらえました。Belizeは意外なことに80mしかもっていないので、バンドニューです。

次に7003付近にVP6Tを発見。V31JZ/Pよりはいくらか強い信号でしたので、ある程度余裕を持ってup1.2でコールしたところ、これも拾ってもらえました。ピトケアンは日本時間の22時半頃にグレーラインに入るみたいで、先日の30mのQSOもこの時間帯でした。

7031にはFW0NARが聞こえていて、これも呼ぼうかと思いましたが、EU指定だったので断念。FWの40mは持っているので、良しとします。

今日は45分くらいの間に2QSOもできたので、平日のDXingとしては密度高く楽しめました。

« HK0NA WKDまで道のり (2)諦めないのはやっぱり大事だ | トップページ | HK0NA@30m HRD »

DX」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« HK0NA WKDまで道のり (2)諦めないのはやっぱり大事だ | トップページ | HK0NA@30m HRD »