無料ブログはココログ

« 新着QSL:4W0VB | トップページ | OY1CT@18MHz、E51M@7MHz »

2012年3月25日 (日)

9M6/OH2YY@7MHz(Spratly Is.)

3月24日(土)の夜、YB8Yの1.8MHz、3.5MHz狙いでローバンドをワッチしていましたが、1.8は呼ぶ人は聞こえども、ご本尊は聞こえず。3.5のCWは、WPXコンテストのため他のバンドのSSBに出ているらしく、運用はないようでした。

仕方なく3.8や7のSSBでWPXコンテストを冷やかしていますと、クラスタに「Spratly」の文字が。

はて、9M0Lの運用ってもう始まるのだっけ?HK0NAの時みたいに先遣隊が運用開始?と思ってネットを検索してみますと、OH2YYなる局が「9M6/OH2YY」のコールでWPXにあわせてスプラトリーから運用するという記事を発見。

http://dx-world.net/2012/9m6-oh2yy-pulau-layang-layang-spratly/

早速クラスタ情報をもとに7.139MHzに行ってみますと、信号はそれほど強くありませんが、すでにパイルが出来上がっていました。

よく聞くとJA、HL、BYだけでなく、Wも数局呼んでいましたが、Wの局はなかなか拾ってもらえず手こずっていましたし、全体としてはそれほどのパイルではない様子。そしてそのうちにJAのエリア指定になりました。

そろそろ日付も変わろうかという時間帯のためか、エリア指定になると呼ぶ人も少なくなりました。0エリアのときは私しか呼ぶ人が居らず、めでたくナンバー交換、QSO成立。

ちゃんとDXCCにクレジットされるかちょっと心配ですけど、9M0Lと同じLayang-layang島からの運用のようですし、どっちみち9M0LとはQSOすると思うので、一足先に1QSO確保させていただきました。

« 新着QSL:4W0VB | トップページ | OY1CT@18MHz、E51M@7MHz »

DX」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 新着QSL:4W0VB | トップページ | OY1CT@18MHz、E51M@7MHz »