無料ブログはココログ

« Moxonのマルチバンド化 | トップページ | 新着QSL:FG/DK9PY@12m »

2012年3月 3日 (土)

Moxonのマルチバンド化実験は失敗

ここ数週間ばかり構想を暖めていた「Moxonのマルチバンド化」をフィールドで実験。

21MHzの垂直Moxonの内側に、少し小さめの枠をぶら下げて24MHzのMoxonを組んでみた。(下の写真)

20120303_144407

風が強かったこともあるが、どうしても風に流されて、内側のMoxonの形を維持することが難しい。 しかも、内側のMoxonの腕木にプラスティックのモールを使ったので、変にたわんでしまう。

また、給電であるが、アンテナアナライザで測定すると、24MHzのみ給電なら同調点に特に変化はないのだが、21,24両方に給電すると(構造上、1箇所での給電ができないので二箇所で給電)、たちまち同調点がどこかに消えてしまった。これは致命的。

ということで、この方法でのマルチバンド化は難しそう。

何か別の方法か、マルチバンド化できなくても、せめてクイックQSY可能な構造を考えたほうがよさそうだ。

« Moxonのマルチバンド化 | トップページ | 新着QSL:FG/DK9PY@12m »

アンテナ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« Moxonのマルチバンド化 | トップページ | 新着QSL:FG/DK9PY@12m »