無料ブログはココログ

« 9M6/OH2YY@7MHz(Spratly Is.) | トップページ | 意外と手ごわいE51M »

2012年3月31日 (土)

OY1CT@18MHz、E51M@7MHz

夕飯の前に少しワッチしてみようと、自宅アパマン環境の10m釣竿を伸ばした直後、いきなりクラスタにOY1CTがスポットされた。

すぐに該当の周波数に行きパイルに参戦しましたが、OY1CTはずっとオンフレでパイルを捌いていて、なかなか打ち込めません。スプリットに切り替えることを見越してしばらくup1で呼ぶものの、一向にスプリットに移行する気配がありません。

仕方ないのでしばらく他のバンドを巡回して、もう一度戻ってみますと、「CQ ASIA」かつ、up指定は無いものの、皆さんスプリットで呼び始めています。パイルも小さくなっていたのでこれはいけそうだと、up0.9くらいで呼んだら応答がもらえました。OYはオールニューでした。

夕食後、再びリグの前に戻って、E51Mが7MHzのCWに出てこないかとワッチをはじめると、ほどなく、E51Mが7.174MHzSSBに出ているというスポットが上がりました。

すぐに7.174にいってワッチしますと、確かにE51Mが居ます。しかもオンフレで捌いている。呼んでみたところ「JR0」でひっかかり、その後フルコールを二度繰り返して無事QSO完了。

E51ナントカのQSLは何枚か持っているのですが、すべてS.Cookなので、今回のN.Cookはオールニュー。

« 9M6/OH2YY@7MHz(Spratly Is.) | トップページ | 意外と手ごわいE51M »

DX」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 9M6/OH2YY@7MHz(Spratly Is.) | トップページ | 意外と手ごわいE51M »