無料ブログはココログ

« 絶不調 | トップページ | 7O6T@15m WKD »

2012年5月 6日 (日)

7O6T攻略法を練る

7O対策については、今のところクラスタ情報や、皆さんのtwitter情報を読むくらいしかしてなかったのですが、そもそもイエメンから見てW/EU/JAの位置関係はどうなのか?ということすらよく分かってなかったので、調べてみました。


Azmap_7o

まず、DXAtlasの大圏地図です。
これを見ると、イエメンから見てWとEUはほぼ同じ方向にあることが分かります。Wから見ると「EU wall」という感じに見えるのではないでしょうか。そしてEUとJAはほぼ90度方位が違います。このことから、JAでは、7O6Tのビームアンテナの方向によって大きく信号強度が変わることが分かります。

ところで、イエメンから見てJAは北東の方向に当たりますから、イエメン現地時間の朝(日本時間だと12時~17時くらい?(UTCなら03Z~08Z))、ハイバンドで交信の可能性があるのではないかという気がします。


さて、7O6Tのサイトに行きますと、そろそろQSOデータもたまってきたのか、エンティティ別の交信実績が見られます。(Logサーチ画面からCLUBLOGの「GeoPropagation」に行くと見れる)

例として12mの画像を挙げます。

Prop12mja

これを見ますと、7O-JA間の実績は17m~10mバンドに大きく偏っていることが分かります。そして12mでは、10-11Z(日本時間の19-20JST)に実績が集中しています。この傾向は10mも同様で、15mだと時間帯が若干後ろにずれる感じになります。この時間帯は現地では「昼下がり」で、EUが開け始めそうな時間帯であり、JA勢が苦戦を強いられているのもこの辺が原因のような気がします。一般に「ハイバンドで東方面と交信するのは午前中」ですので、この実績は意外です。もう少し早い時間帯にJAを意識してサービスしてくれればよいのですが。

« 絶不調 | トップページ | 7O6T@15m WKD »

DX」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。
昨日(8日)まで自分が聴いていた感触によると
18MHZは午前中から聴こえるが信号はあまり強くない。
13~15JST頃は信号も強くなるがEUやWも同時に開けている。
21MHZ、15JST頃から聴こえて来る。昨日15JST頃からSSBで聴こえていたが強かった。16JSTを廻ると更に信号は強くなる。一昨日(7日)17JST過ぎにCWで交信出来ました。
24MHZ、28MHZ やはり15JST過ぎから呼ぶのには充分な信号の強さで聴こえてきました。特に24MHZのRTTYの信号は強かった。(その分パイルも凄かった!当然、交信出来ていません!)
ウイークデーでの交信を狙うなら、17JST過ぎからの21、24MHZ。ウイークエンドならば早朝の10、14MHZ、09JST頃からの18MHZと言った感じでしょうか?
でも、この運用方法で1QSOしか出来ていませんので信用度はかなり低いhi
FB DXを!

7O6Tとの交信おめでとうございます!

おかげさまで、私も昨夜(日付的には今日)21MHzCWで交信出来ました。私がよくチェックしているアパマンハムの方も昨夜21で交信出来たという記事を書いていらしたので、そろそろ我々?にも順番が回ってきた感じです。

BMFさんの伝播分析、今日チェックした7O6Tの交信実績とかなり一致していると思います。平日は24辺りを狙い、週末は朝のミドルバンドを狙ってみたいと思います。GL!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 絶不調 | トップページ | 7O6T@15m WKD »