無料ブログはココログ

« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »

2012年5月

2012年5月21日 (月)

金環食 (その2)当日

前置きが長くなりましたが、日食前夜の天気予報(気象協会、ウェザーニュース社、ウェザーマップ社など)を参考に、佐久市に移動することにしました。

「浜名湖周辺は晴れ」という予報もありましたが、南の海上に前線があってその雲がかかる、ということで、なるべく前線から離れるべく、佐久市を選びました。

今朝は3時に起床、4時には家を出て、一路、上信越道を佐久へと向かいました。薄明の中のドライブは、トンネル内の明るさと、屋外の明るさがほぼ一緒なので目が疲れず快適。

5時過ぎ、約1時間で千曲川スポーツ交流広場に到着。すでに2台ほど日食狙いと思われるほかの車も止まっています。肝心の空は、西の空は快晴ですが、東の空は曇っています。果たして晴れてくるかどうか。とりあえずカメラなどをセッティングします。

■観察模様

6時20分、食の開始時刻から観測開始。太陽はまだ低いので、カメラのファインダーを使って太陽を視野に入れることができます。しかし太陽は雲の向こう。

7時過ぎ、欠け具合が50%を過ぎる頃から、太陽が雲から抜け出ました。しかしその一方で、あたりがなんとなく暗い。

7時半が近くなると、あたりはさらに暗くなります。太陽の高さは高いのに、夕方みたいな明るさで不思議な感じ。

7時半を過ぎるとそろそろ金環食。このあたりから117で時報を聞きながら、ずっとカメラでシャッターを切り続けました。7:34頃の姿はこんな感じ。少々いびつですが、金環食になっています。

Eclipse

金環食を過ぎますと、あたりは急に明るくなります。持参したコンパクトカメラで絞りとシャッタースピードを固定したまま、10分間隔くらいでとり続けますと、最後には明るすぎてとんでもない露出オーバーの写真になりました。

その様子をご覧ください。写真はすべてf2.2、1/640秒の露出で撮っています。

0738 7時38分。食分0.900

07507時50分。食分0.785

0812 8時12分。食分0.55

0901 9時1分。食分0

ということで、人生でおそらく最初で最後の金環食の観察は終わりました。

私が最も最近日食を見たのは1981年7月31日。シベリア皆既日食のときです。このときはまだ小学生で、実家(新潟) で部分日食を見たのですが、それからなんと31年ぶり。

皆既日食ではないのでそれほどの感動は無いのでは?と思っていましたが、金環食は金環食ならではの「黒い太陽」を見ることができ、それなりに面白かったように思います。これは一度皆既日食も見なければならないかな・・・?

金環食 (その1)ロケハン

本日5月21日は無線はお休み。

日食を見に行くため、3時起床、4時出発。

が、その前に苦労話を一つ。

■ロケハン

今日の日食に向け、しばらく前からカメラのフィルターなど機材の準備を進めていたのですが、いちばん大変だったのは、「ロケハン」。

今回の日食は早朝に起きるため、太陽の高さはそれほど高くありません。日食の始まりから終わりまでを見ようとすると、東の空が高さ20度くらいから開けていないといけません。街中ですと意外に障害物が多く、観察には向きません。

しかも当日の天気はどうなるか分かりません。晴れる場所に移動することを考えると、複数の場所を検討しておく必要があります。

「空が高さ20度くらいから開けている」・・・。

それって、ひょっとして、DXをやるのに良い場所とほぼ一致しているではないか!ということで、過去の移動運用地を中心に、Googleマップなども駆使して何箇所かロケハンしました。

(1)武蔵野の森公園(府中市)

Mforest

ここは私が三鷹に住んでいた頃によく運用していた場所です。メリッシュリーフの160mも、クリッパートンの40mもここでゲットした思い出の地。調布の飛行場に隣接しており、見通しは折り紙つき。東の空は上のような感じ。

ロケハンは会社帰りに最寄の京王線飛田給駅まで行き、そこからタクシーで行ったのですが、帰りのタクシーが捕まらず、結局25分掛けて駅まで歩かなければなりませんでした。

(2)天竜川緑地公園(浜松市)

ここはGoogleMapのみのロケハン。地図を見ると南北に流れる天竜川に沿っており、東方向はほぼ何もないと思われます。航空写真を見ると駐車場があるのですが、ここは早朝でも立ち入り可能なのかが分かりません。そこで公園管理事務所に「夜間閉門とか、クルマ止め設置で入れないとかありますか?」と電話で聞いたところ「そんなもの無いよ」との回答。担当者からは、なんで門を閉めなきゃいけないのか、という雰囲気すら伝わってきます。首都圏ではこういった場所はことごとく夜間は締め出されてしまうのですが、浜松まで来ますと、さすがにそこまで厳しくないようです。

(3)岡谷湖畔公園(岡谷市)

諏訪湖の西岸に沿ってある小さな公園。東側は諏訪湖ですから、当然さえぎるものはありません。現地に行ってみますと確かに全くさえぎるものはありませんが、意外とその向こうの山が近い。高さ10度くらいまでは山です。この辺はさすが山国信州です。視界は十分ですが、諏訪湖から上がる水蒸気が妨げになる恐れがあります。天体観測では湖沼の近くは大気が揺らぎやすいのであまりオススメではありません。

(4)千曲川スポーツ交流広場(佐久市)

Chikuma

ここは「バルーンフェスティバル」の会場にもなると聞き、早速現地に行ってみました。長野県の4つの盆地のひとつ「佐久平」の中にあり、かなり見通しは良いです。東の空も上の通り。山も高さ2度くらいまでしかありません。

■道具

ロケハン時に持参したのがこの道具です。

Tools

方位磁石と、分度器と定規で作った簡易型高度測定器。

おもり(ナット)のついた紐は、垂直方向を指し示すことで、分度器を水平に保つためのものです。この高度測定器は、大学時代、無線部(JA9YBA)のタワー移設の際に考案したもの。移設候補地に立って高度をはかり、周辺の山が邪魔にならないかを調べました。

さて、以上4箇所をピックアップし、前夜の天気予報で観測地を決めることにしました。

果たしてどこで見ることになるのか・・・?

2012年5月19日 (土)

XX9E

6O0CWのぺディションはあっという間に18日に終了。1,2回信号は聞きましたが、結局交信ならず、今回はボウズに終わりました。まあ過去にT5GGと交信しているし、秋には7O6Tを成功させたInterpid DX teamが運用するらしいので、その機会まで待つことにします。

さて、6Oが終わるや否や、XX9Eの運用が始まりました。

XX9は手元のログの範囲では7,10,28をCFMしていますので、残るは14~24とローバンドと言うことになります。
(21あたりで実家にいる頃QSOした可能性はありますが)
VR2に比べると運用が少ないので、この機会に各バンドで交信しておきたいところです。

昨夜、会社から帰ってきた後、14を見に行きますと、14.145でCQを出していました。クラスタ情報を見ると「CQ NA」などと書いてあったので、JAはお呼びではないのだろうと思ったのですが、ワッチしていると、どうもたびたびCQが空振りになっているし、たまに交信している局もオンフレのように聞こえる。

そこで、ためしにオンフレで呼んでみますと、数回のコールでリターンがありました。これはちょっと拍子抜け。

一方18Cのほうは結構なパイルでこちらのほうは玉砕。


あけて、本日土曜日。

午前中は信号は聞こえず、午後になって21で信号が聞こえてきました。
up1~2の空いているところで呼んでいましたが、応答がもらえないので、他の人が拾ってもらった周波数を追いかけていたところ、少し離れたup3.4で拾ってもらった人がいました。その周波数で呼んでみたころコールバックあり。

とりあえず、14S、21Cと確保できたようなので、次は18/24のWARCバンドを狙います。

2012年5月16日 (水)

RI1FJA by OQRS

4月30日に21CWでQSOしたRI1FJAからQSLが届きました。

Fjl

QRZ.comを見るとQSLマネージャーであるRX3MMに「メールを送る&PayPalで送金」をするとQSLを発行してくれるそうなので、その方法を試してみることにした。

5/1 RX3MMにメールでログに載っているか確認

5/2 RX3MMから返信。「ログに載ってるよ」

5/2 RX3MMにPayPalで送金&RX3MMにその旨を連絡。

5/16 QSL到着。

ということでわりと迅速に対応してもらえました。  

2012年5月14日 (月)

7O6T@20m,17m

5/12-13の週末は実家に帰ることになっていたので、7O6Tはそれまでの平日夜と、13日の夜が勝負所。

平日は帰宅後、コツコツとアパマン環境で運用していましたが、木曜の深夜(日付は金曜)に20mで拾ってもらえました。この日は17mも強力に聞こえていましたが、こちらの方はさっぱり応答がもらえず、おあずけ。

実家から帰ってきた13日の日曜日、22時半過ぎから17mでパイルに参戦。ひところに比べれば、パイルも小さくなっていると思うのですが、それでもなかなかリターンがありません。

空き周波数で呼び続けていたら、「ELG」がひっかかり、その後、JL0ELG→JR0ELGで修正して交信成立。

深夜のローバンド、夕方のハイバンドはサラリーマンには時間的に苦しいので、そろそろ力点を6O0CWに移そうかな。


2012年5月 9日 (水)

6O0CW

7O6Tと交信できて一息ついたら、今度は6O0CW(ソマリア)がQRVしてきました。

6O0CWのサイトに行くと、この秋にソマリアから運用する計画をしていたN6PSEからのメールが掲載されていました。内容を読むと、なんとなく「俺たちに断りもなく先にソマリアから運用するんじゃねえ」的に読めるのですが、私の英語力が怪しいので自信がありません。

それはさておき、こう矢継ぎ早にぺディションが相次ぐと結構気が抜けなくて大変なのですが、幸いソマリアは過去の遺産がありました。

T5gg

1988年の8月、21CWでの交信です。マネージャーがI2MQPというのも懐かしい感じがします。そういえば6O0CWもイタリア人のグループです。イタリアとソマリアは歴史的に関係が深いのでしょうか。

さてこのときの私の設備は、3エレ八木+10Wです。そんな簡単な設備で交信できたと言うことは、当時はそんなに珍しくなかったんでしょうね。

ということで、基本的には「21以外のバンドでどれだけ出来るか」という方針で臨むつもりです。

7O6T@15m WKD

7O6T、やっとwkd出来ました。

五月八日の火曜日、仕事から帰ってきたのが20時前。それから夕飯を食べて、明日の仕事の準備やら、家内に頼まれた資料のプリントアウトやらをやって、リグのスイッチを入れられたのは23時頃。この時間だともう遅いだろうなあと思いつつも、モビホで各バンドを巡回していると、15mでガツンと入感しているのを発見。慌ててフルサイズのGPアンテナを張りました。

信号はリアルに599くらい振っていて、しかもASIA指定。早速呼びに回りました。呼ぶ側のJAやHL、BVの信号もよく聞こえましたので、どの周波数を聞いているかも比較的分かりやすかったです。

それでも拾ってもらうまでにはかなりの時間を要し、結局交信できたのは0:32。90分近くねばらないといけませんでした。

最初は「JA0?」で応答があって、その後「JR0LG」と応答。こちらから「ELG ELG ELG」を二回くらい送ってやっとコピーしてもらえました。先方の信号は強いのですが、受信環境が良くないのか、耳はあまり良くない感じがしました。また、このときはQSBとは違う信号強度の大きな変動があって、さっきまで599で聞こえていたのに直後にはほとんど聞き取れないほど弱くなってしまうこともありました。アンテナを振っているのか、アンプの調子が悪いのか、はたまた伝播の問題なのか。不思議な聞こえ方をしていました。

今朝の段階でまだログサーチは上がってませんが、うまくログインされていますかどうか。

2012年5月 6日 (日)

7O6T攻略法を練る

7O対策については、今のところクラスタ情報や、皆さんのtwitter情報を読むくらいしかしてなかったのですが、そもそもイエメンから見てW/EU/JAの位置関係はどうなのか?ということすらよく分かってなかったので、調べてみました。


Azmap_7o

まず、DXAtlasの大圏地図です。
これを見ると、イエメンから見てWとEUはほぼ同じ方向にあることが分かります。Wから見ると「EU wall」という感じに見えるのではないでしょうか。そしてEUとJAはほぼ90度方位が違います。このことから、JAでは、7O6Tのビームアンテナの方向によって大きく信号強度が変わることが分かります。

ところで、イエメンから見てJAは北東の方向に当たりますから、イエメン現地時間の朝(日本時間だと12時~17時くらい?(UTCなら03Z~08Z))、ハイバンドで交信の可能性があるのではないかという気がします。


さて、7O6Tのサイトに行きますと、そろそろQSOデータもたまってきたのか、エンティティ別の交信実績が見られます。(Logサーチ画面からCLUBLOGの「GeoPropagation」に行くと見れる)

例として12mの画像を挙げます。

Prop12mja

これを見ますと、7O-JA間の実績は17m~10mバンドに大きく偏っていることが分かります。そして12mでは、10-11Z(日本時間の19-20JST)に実績が集中しています。この傾向は10mも同様で、15mだと時間帯が若干後ろにずれる感じになります。この時間帯は現地では「昼下がり」で、EUが開け始めそうな時間帯であり、JA勢が苦戦を強いられているのもこの辺が原因のような気がします。一般に「ハイバンドで東方面と交信するのは午前中」ですので、この実績は意外です。もう少し早い時間帯にJAを意識してサービスしてくれればよいのですが。

2012年5月 4日 (金)

絶不調

このGWは、前半は私自身の風邪と口内炎、後半は家内の体調が思わしくなく、どうにもすっきりしない日々を送っています。

かといって、ただ家に居ても面白くないので、たまにクルマで買い物に出たり、近くの日帰り温泉に行ってみたりしていますが、天気も良くないし、道路は込んでいるし、ここ数日は、くすぶりつつけています。

しかしこのGWはJD1の取りこぼし分と、VP2V/NY6X、YJの取りこぼし、そして7O6Tをやっつけてしまわないといけません。

今日は朝と、夕方以降をなんとか無線の時間に当てましたが、戦果は芳しくなく、JD1の6m以外の取りこぼしを拾っただけでした。

VP2V/NY6Xは20m>30mの順で良く聞こえ、40mはほとんど聞き取れませんでした。20mはもしかしたら拾ってもらえるかも、と思いましたが、さっぱり応答がもらえませんでした。

7O6Tは特に12mが強力でした。夕方から夜に掛けてはEUとJAを同時にさばいていましたが、EUを拾っているときは一体どこの周波数を聞いているのかさっぱり分からず、どこで呼べばいいのか分かりません。クラスタの情報だけでなく、Twitterのつぶやき情報なども参考にしながらup1からup9といろんなところで呼びましたが、まったく応答がもらえませんでした。

YJ0VKは17mと30mで拾ってもらっただけ。

フラストレーションがたまるばかりのGWです。

« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »