無料ブログはココログ

« 金環食 (その1)ロケハン | トップページ | E40VB@17m、Vladの人柄 »

2012年5月21日 (月)

金環食 (その2)当日

前置きが長くなりましたが、日食前夜の天気予報(気象協会、ウェザーニュース社、ウェザーマップ社など)を参考に、佐久市に移動することにしました。

「浜名湖周辺は晴れ」という予報もありましたが、南の海上に前線があってその雲がかかる、ということで、なるべく前線から離れるべく、佐久市を選びました。

今朝は3時に起床、4時には家を出て、一路、上信越道を佐久へと向かいました。薄明の中のドライブは、トンネル内の明るさと、屋外の明るさがほぼ一緒なので目が疲れず快適。

5時過ぎ、約1時間で千曲川スポーツ交流広場に到着。すでに2台ほど日食狙いと思われるほかの車も止まっています。肝心の空は、西の空は快晴ですが、東の空は曇っています。果たして晴れてくるかどうか。とりあえずカメラなどをセッティングします。

■観察模様

6時20分、食の開始時刻から観測開始。太陽はまだ低いので、カメラのファインダーを使って太陽を視野に入れることができます。しかし太陽は雲の向こう。

7時過ぎ、欠け具合が50%を過ぎる頃から、太陽が雲から抜け出ました。しかしその一方で、あたりがなんとなく暗い。

7時半が近くなると、あたりはさらに暗くなります。太陽の高さは高いのに、夕方みたいな明るさで不思議な感じ。

7時半を過ぎるとそろそろ金環食。このあたりから117で時報を聞きながら、ずっとカメラでシャッターを切り続けました。7:34頃の姿はこんな感じ。少々いびつですが、金環食になっています。

Eclipse

金環食を過ぎますと、あたりは急に明るくなります。持参したコンパクトカメラで絞りとシャッタースピードを固定したまま、10分間隔くらいでとり続けますと、最後には明るすぎてとんでもない露出オーバーの写真になりました。

その様子をご覧ください。写真はすべてf2.2、1/640秒の露出で撮っています。

0738 7時38分。食分0.900

07507時50分。食分0.785

0812 8時12分。食分0.55

0901 9時1分。食分0

ということで、人生でおそらく最初で最後の金環食の観察は終わりました。

私が最も最近日食を見たのは1981年7月31日。シベリア皆既日食のときです。このときはまだ小学生で、実家(新潟) で部分日食を見たのですが、それからなんと31年ぶり。

皆既日食ではないのでそれほどの感動は無いのでは?と思っていましたが、金環食は金環食ならではの「黒い太陽」を見ることができ、それなりに面白かったように思います。これは一度皆既日食も見なければならないかな・・・?

« 金環食 (その1)ロケハン | トップページ | E40VB@17m、Vladの人柄 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 金環食 (その1)ロケハン | トップページ | E40VB@17m、Vladの人柄 »