無料ブログはココログ

« E40VB@17m、Vladの人柄 | トップページ | 新着QSL:VK4FNQ@6mRTTY  »

2012年6月 3日 (日)

1GS+5セント切手の効果

1月12日の日記にも書きましたが、今年の1月からUSからの海外郵便料金が値上げになり、1ドル5セントかかるようになってしまいました。

これまではQSLの返信代としてグリーンスタンプを1枚入れておけばよかったのですが、今は1枚では足りません。

QRZ.comを見ると、軒並み「(返信代として)グリーンスタンプ2枚を送ってくれ」という記述になっています。しかし、たかだか5セントのために、グリーンスタンプを1枚追加するのはもったいない。

そこで、私は今年1月24日以降の請求には、「1グリーンスタンプ+5セント切手」を使っています。

明示的に「2枚送れ」と書いている局にも「1枚+5セント切手」を敢行していますが、今のところ返信率は5/6(83%)で、特に問題はなさそうです。

参考までに「1グリーンスタンプ+5セント切手」で返信してくれた局(QSLマネージャ)を記載します。

NN7A (for V31JZ)
W7SE (for HC2/W7SE)
K3IRV (for JY4NE)
W3HNK (for Z21BB)
W2YC (for NH2T)

ちなみに、5セント切手は「日本郵趣エージェンシー」で購入しました。「通信用」として購入すると1枚10円。額面よりは高いのですが、グリーンスタンプ1枚よりは安いということで納得しています。

« E40VB@17m、Vladの人柄 | トップページ | 新着QSL:VK4FNQ@6mRTTY  »

DX」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« E40VB@17m、Vladの人柄 | トップページ | 新着QSL:VK4FNQ@6mRTTY  »