無料ブログはココログ

« 3V8BB@15m | トップページ | D64K@12m »

2012年8月19日 (日)

佐渡島 IOTA AS-117(Honshu Coastal Islands)

このお盆休み、新潟の実家へ帰ったついでに、家内&両親と佐渡島に行ってきました。

Okesa

新潟県人(本土出身者)は普段、佐渡を「交通の不便な離島」とは意識していても、「何か特別な価値のある場所」として意識することはほとんどないのですが、久しぶりに見て歩きますと、なかなか面白いところであることに気づきます。

島のレンタカー会社(大手ではない地元の会社)でクルマを借りる手続きをしていますと、私の運転免許に書かれている昔の住所を見て「オレの親戚が同じ町内の4-4-1に住んでいるんだよ」といきなり言ってきたり(急に昔の住所の話題を振られても・・・)、ガソリンスタンドでは、ちょっと待たされただけなのに「ずいぶん待たせたねえ」といわれたり(このくらいの待ち時間は普通だと思うのだけど・・・)。

何といいますか、普通の買い物で交わされる会話に「プラスアルファの会話」がついてくる感じで、これで用事もすんだし・・・と気を抜いていると、不意打ちで別の話題を振られることが多かったのです。このあたり「599BK」だけでは素直に73にしてくれないUA4WHX、Vladの人なつこさによく似ています。

実はこの人なつこさ、以前職場で一緒に仕事をしていた佐渡出身の同僚にもあったことで、佐渡の人はみなこんな雰囲気なのでは?と思った次第。

佐渡では「たらい舟」に乗り、順徳天皇など佐渡に流された人々を紹介する「歴史伝説館」に行き(普段はお土産屋にジェンキンスさんがいるそうなのだけど、その日はいなかった)、県内唯一の五重塔を見(なかなか立派な寺だった)、翌日は尖閣湾で遊覧船に乗り(船酔いした)、佐渡金山に行き(坑内は寒かった)、最後はトキの森公園でトキを見てくるという、佐渡観光の黄金コースをたどりました。

トキの森公園へはクルマを返した後だったのでタクシーで行きましたが、このタクシーの運転手が車内にスタンダードのハンディ機を積んでいて、しばらく無線の話などしました。

島へはFT817を持って行きましたが、私は慣れないMT車の運転(夏の佐渡はレンタカーもとても混んでいてAT車は一台も空きが無かった)と家族のガイドで、まったく無線はできませんでした。

« 3V8BB@15m | トップページ | D64K@12m »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 3V8BB@15m | トップページ | D64K@12m »