無料ブログはココログ

« 30年前の私 | トップページ | 新着QSL:KP2/K5WE »

2012年10月28日 (日)

CN3A@15m HRD (WW DX ph)

明日は所用があってオンエアが難しそうなので、本日土曜の夕方(17時~19時)にちょっとだけWWDXに参加してきました。

夕方ですので、ハイバンドでEU、AFを狙ってみるつもり。
アンテナは夏に購入したRadixのHB9CVで、これを8mHにフルアップしました。28MHzもにぎやかそうでしたが、このくらいの周波数になると2エレでは非力なので、今日は21MHzにしてみます。
案の定、EU各局に混じってモロッコのCN3Aが58-59くらいで入感していました。かなりパイルになっていますが、コンテスト時のパイルは割りとすぐに小さくなるので、しばらく他の周波数を巡回しながら断続的にワッチします。
パイルが少し小さくなったところで何度か呼びに行きますが、どうも応答が無い。そのうち空振りCQになりましたが、それでも応答なし。
それでも信号が若干強くなったタイミングで呼んだら「JR?」までとってもらえたのですが、「信号が弱い」と言われて再び「QRZ」へ・・・。
もうしばらく待って再度しつこく呼んだところ今度は「JR0LG」までとってもらえたのですが、何度コールしてもどうしてもサフィックスの「Echo」をコピーしてもらえない。
そのうち次第に信号が57、55・・・と弱くなっていってしまいました。
パワーが100W、あるいは、アンテナのエレメントがもう一本あればなんとかなったのかなあ・・・。あるいはCWならなんとかなった?

他に呼ぶ局がいなくても交信できないというのは、設備の非力以外の何者でもないということを思い知りました。

« 30年前の私 | トップページ | 新着QSL:KP2/K5WE »

コンテスト」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 30年前の私 | トップページ | 新着QSL:KP2/K5WE »