無料ブログはココログ

« オノウエ印刷 | トップページ | T30PY@30m,75m »

2012年10月21日 (日)

VP8LP (Falkland Is.)@20m

久々の交信記録です。

今日は風も無く良い天気だったので、夕方からいつもの河川敷に出かけました。

主な目的は数日前に作り直した20mMoxonの調整ですが、T30とか3B9のペディションもあるので、信号が聞こえていればそちらを優先させるつもり。

クラスタで3B9SPが12mSSBにオンエア中であることが分かったので、まずは12mのMoxonを設営。弱いながらもはっきり聞き取れる信号なんのでパイルに参戦しますが、どうにもQSOのペースが遅く、なかなか順番が回ってきません。バンド内を巡回しながら断続的にパイル参戦しますが、なかなかリターンがもらえません。

次第に日も落ちてきて、もともとの目的だった20mMoxonの調整ができなくなってしまうので、3B9を諦め、20mのMoxonに組み替えします。

20mのMoxonの最大の問題は、ステーを張らないとしなってしまうことなのですが、今日は幸運なことに風がほとんどありません。そのおかげでステーなしで自立させることができました。その状態で、クラスタにスポットの上がっていたVP8LPを聞いてみることにします。

Falklandはほぼ日本の裏側。ビームをどちらに向けたらいいのか分からないので、アンテナを回しながら信号の強くなる角度を探し、SPにあたる南東が最も強いことを確認。VP8LPはショートラグチュー状態なので、交信が終わるのを待ちます。信号はかなり強い。59です。パイルにさえならなければQSOできそうです。

ラグチューが終わったところすかさずコール。「Japan Radio?」で応答があったのでフルコールを繰り返して、応答をもらえました。

相手からも59のレポート。雰囲気的にはパイルさばき用の一律59じゃなくて、それなりの強さがあっての59のように思いましたが果たして?

Falklandは今まで一度も信号を聞いたことが無かったので、短いQSOですが、結構どきどきしました。

奥さんのVP8AIBも同じ周波数に出てきてQSOを楽しんでいた模様。

しかしFalklandって今までこんなに強く聞こえていたかなあ?

ビームを使ったから強かったのか(2エレでも一応5.5dBくらいは利得があるようですからバーチカルよりはずっとマシ?)、今日はコンディションが良くて強かったのか、ちょっと分かりません。

備忘:今日の20mMoxonの測定記録

同調周波数は14.025あたりで、虚数成分は1~2程度。かなりきれいに同調していました。

同調点は低めですが、CW中心なのでむしろ好ましいくらい。下部エレメントの高さも地上から2m位は取れて、近くで動き回っても頭が引っかかったりしません。

« オノウエ印刷 | トップページ | T30PY@30m,75m »

DX」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« オノウエ印刷 | トップページ | T30PY@30m,75m »