無料ブログはココログ

« 9M4SLL@160m 聞こえず | トップページ | 9M4SLL@160m WKD »

2013年3月16日 (土)

ガンママッチが分からない

自作八木アンテナプロジェクトの続き。

先日ヘアピンマッチでつまずいて、一向に同調が取れなかったので、今回はガンママッチを試してみることにした。

Gamma

しかし、やっぱりうまくいきません。
そもそも同調点らしきものすら見いだせません。

ヘアピンマッチのようにエレメントがラジエータの中心で分断されている場合は、曲がりなりにもダイポールとして機能するのであるが、ガンママッチの場合は、ラジエータが分断されていないのでダイポールとしても機能していない感じ。

このサイズでうまくかないものは、原寸(14MHzの八木を目指しています)でもうまくいかないだろう。うーん。

« 9M4SLL@160m 聞こえず | トップページ | 9M4SLL@160m WKD »

アンテナ」カテゴリの記事

コメント

birdieさん、こんばんは。

私も同じような経験があります。
同軸の芯線をガンマロッドに接続するところにバリコンを入れれば何とかなったと思いますが、いかがでしょう?

LSFさん

早速訪問&コメントいただき、ありがとうございます。
アンテナの教科書には確かにその部分に可変コンデンサを入れた回路図が描いてありますよね。やはり基本に立ち返るべきか・・・。
マッチング回路はいずれマスターしなければならないと思っているので、一度やってみたいと思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 9M4SLL@160m 聞こえず | トップページ | 9M4SLL@160m WKD »