無料ブログはココログ

« 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »

2013年4月

2013年4月29日 (月)

9N7SZ@15m

久々のニューエンティティです。6W、KP4、CE0Yに続く今年4つ目のニュー。

今日は午後からXYLと近所の温泉に出かけることになっていて、XYLが出かける仕度をしているわずかな時間に出来ました。いやーこれで安心して車の運転に集中できます。

9N7SZの信号は我が家のアパマン環境でも午前中から聞こえていました。ただ、不安定な伝播で、強力に聞こえるときはしっかりメーターを振らせてきますが、ノイズすれすれになってしまうこともあり、出発前にQSOできるかどうかヤキモキしていました。

しかも、出発前には早めのお昼を食べたり、その洗い物をしたり、とワッチの時間も細切れ。ちょっと落ち着いてワッチできるかな・・・と思うと「出かける前に花に水やって」とか言われる始末。ホントに今日はヤキモキしましたが、なんとか結果は出しました。

2013年4月26日 (金)

IOTA AS-020 Taiwan

Taipei

ちょっと早いGWということで、先週末台湾に行ってきました。
特に無線とは関係のない旅行です。
台湾は初めてでしたが、街の仕組み、少なくとも旅行者に対して提供されるサービスの内容やシステムは日本とよく似ていて、言葉が通じない以外は特に不便なくすごすことが出来ました。看板の文字も中国みたいに簡略化した漢字ではないので、日本人にも大体予想はつきます。

人々はおおむね親切です。おおむね、というか、私が会った台湾の人々はみな親切でした。タクシーの運転手も我々の行きたい場所が分からなければ、車を降りて、町の人に聞いて、確実に希望の場所に連れて行ってくれました。仕事に対する姿勢も日本とほぼ同じのようで、気分を害するような扱いを受けることはありませんでした。

成田から台北までは飛行機で3時間半、距離で言うと2000kmくらいです。2000kmの移動はそれなりに疲労を伴いますが、電波だと1ホップくらいで簡単に飛んでいってしまうのが不思議です。

2013年4月14日 (日)

5W0M@80m

ここのところまったく相手にしてもらえない5W0Mですが、この週末、やっと交信できました。

5w0m
80mは、日曜に日付が変わった直後くらいで出来ました。宵のうちは信号は聞こえなかったのですが、24時近くになって、やっとかすかな信号が聞こえてきました。

はじめのうちup1-2くらいで呼んでいたのですが、あるとき「up3」と指定してきたので、あわててup3に送信周波数を変えて呼んだら出来ました。他の方もblogなどに書かれていましたが、どうやらこの人たちは受信周波数はあまり動かさないで聞いているみたい。

Samoaは、残るは160mと6mですが(他のバンドはCFMorWKD済)、今回はちょっとむずかしそう。

2013年4月 9日 (火)

パンザマスト

柏市周辺では、防災無線から流れる放送のことを「パンザマスト」と呼ぶのだそうです。

参照URLはこちら
私のようなハムにとって「パンザマスト」とは、アンテナを載せる電柱のような鉄塔のことなので、こんな呼ばれ方をしていたなんて驚きです。

ちなみに「パンザマスト」(正式には「パンザーマスト」)は日鐵住金建材株式会社の商品名のようです。

2013年4月 7日 (日)

GJ100RSGB@12m WKD

年度末から年度初めにかけて、忙しくてなかなかワッチが出来ませんでしたが、大風も収まった本日午後、久しぶりにアパマン環境でワッチしました。

クラスターをにぎわせているVK9CZや5W0Mを狙いに行きましたが、どちらもなかなかQSOできません。かろうじて10mSSBでVK9CZと出来た程度。VK9CZはハイバンドのアンテナに私の移動用アンテナと同じ垂直Moxonを使用しているようなので、2Way-Moxon-QSOといきたいところですが、こちらに移動運用する余裕がありません。

そんな中、夕方12mを聞いているとGJナントカの局がCQを出している。
調べてみるとGJ100RSGBという、RSGBの100周年記念局でした。

「GJ」というプリフィックスからも分かるようにJerseyからの運用です。

それほど大きなパイルではありませんでしたが、なかなか交信できず、比較的空いていたup1で呼び続けていたら、ようやく拾ってもらえました。

GJは1984年のGJ4/PA0KHS以来、29年ぶりのQSO。下はそのときのQSL。

Gj4pa0khs

« 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »