無料ブログはココログ

« 9N7SZ@15m | トップページ | Z81X@15m HRD »

2013年5月 6日 (月)

本日の移動運用・・・orz

5月3日~5月5日まで実家に帰省していて電波が出せませんでした。Z81Xのレポートがクラスタにあがっていたりすると気になって仕方がありませんでした。そこで連休最後の祝日、Z81Xを追いかけて朝と夕方に近所の河川敷に移動運用に出かけました。

■朝(0530-0900)
WKD VK9NT(28S)
    A45XR(18C)
HRD 9H3XX(10C)
・Z81Xは朝は14MHzに出てくるのではないかと待ち構えていましたが、結局出てきませんでした。見事な空振り。今回は無理かも。
・14MHzのANTでZ81Xを待っている間、10MHzを聞くと9H3XXが十分な強さで聞こえていたので、急遽ギボシバーチカルを10MHzに切り替えましたが、なぜかSWRが落ちない。同調させたときにはもう9H3XXはいなくなっていました。自分の不手際なので、どうにも気分が悪い。
■夕方(1430-1830)
WKD PA1CC(21C)
HRD FM5CD(18C)
    9H3XX(21C)
    OD5PY(21C)
    TZ6BB(21C)
・FM5CDはフルサイズホイップでリアル59で入感しました。時間は15時台(JST)。カリブがあの強さで聞こえるのは感動もの。見事なパイル捌きだったので「これはいけるかも?」と思いましたが、いいところでQRTしてしまいました。これは悔しい。
・9H3XXは今朝のリベンジでチャレンジしましたが交信ならず。2エレMoxonでもぎりぎりの信号強度だったことと、9H3XX/Dickさんは、かなりのパイルになっているにもかかわらずずっとラバースタンプQSOを続けていて、なかなかレートがあがらなかったこともあり、ぜんぜん順番が回ってきませんでした。

・OD5PYはよく聞く局ですが、今日は9H3XXよりも弱くて、受信に苦労しました。クラスタに載るとパイルも大きくなって、まったく歯がたちませんでした。
・TZ6BBは、運よくパイルのはじまりを見つけましたが(まだオンフレだった)、その後すぐにスプリットに移行。しかし、TZ6BBの3Kほど上で、A35UDがEU相手にパイルをさばいていたため、TZ6BBを呼ぶJA局がA35UDの送信周波数とかぶる事態に。そのせいかTZ6BBはすぐ引っ込んでしまいました。

■まとめ
今日のHRD局は、QSOできればすべてオールニューだったのですが、結局一つも出来ず。Z81Xも出てこなかったし、都合8時間くらい運用したのに収穫のない一日でした。。。

« 9N7SZ@15m | トップページ | Z81X@15m HRD »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

これは残念というか惜しかったですね。
FM5CDにしろTZ6BBにしろ、本当に惜しいですね。
今朝の9H3XXは私も呼んでいましたが、あのラバースタンプには参りました。

昨今の好コンディションでは昼間・夜間を問わず聴こえて来ますね。
自分も各バンドを行ったり来たりする度にANTを交換するものですから、パイルアップが大きくなりQSO出来ない事がよくあります。
ましてや、RTTYだ、CWだ、と。
結局、「二兎を追う者は一兎を得ず」の諺通りとなる事も。 hi
FB DXを!

LSFさん

9H3XXは同じ時間帯に呼ばれていたんですね。
こういうときは少し空気を読んで「599BK」にしてくれるとありがたいのですけどね・・・。

BMFさん

バンドチェンジの速さと手軽さに関しては、やはりATUやトラップにはかないません。手動方式のスクリュードライバー(RHM10)も併用していますが、なかなか一発では調整し切れません。そう考えるとMDシリーズの「カセット方式」はいい線行っていると思いました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 9N7SZ@15m | トップページ | Z81X@15m HRD »