無料ブログはココログ

« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »

2013年6月

2013年6月30日 (日)

14~28MHz ギボシ切り替え方式5バンド3エレ八木完成(一応)

Ant0630

6月の週末をほぼ使い尽くして、ついに完成しました。

今日は最終工程の14MHzの調整を行いました。14MHzは先端をベントさせるので、若干計算どおりに行かなかったのですが、現地でMMANAシミュレーション&再修正して、なんとかバンド内の共振点(若干高めの14.230MHz)において54Ω+0jまで追い込みました。

このアンテナの特徴は、
 ・50Ω直接給電(マッチング回路なし)
 ・ギボシによるバンド切り替え
 ・エレメント支持材に釣竿を使用し、軽量(4.3Kg)
 ・利得とFB比は出たとこ勝負
となっています。なお、ブーム長は短めの3.9mです。
(アルミパイプ3本継ぎ。当初市販の物干し竿を使うつもりだったのでこの長さです)

ギボシによるバンド切り替え方式のアイディアはJL3LSFさん、釣竿やアルミチャンネル+ロックタイを使ったアンテナ構造はJN3TRKさんのアンテナを参考にさせていただきました。この場を借りてお礼申し上げます。

■製作の苦労話

「じゃあ、お前が苦労したところはどこか?」と言われれば、「なるべく給電点インピーダンスを50オームに近づけるための寸法決め」になると思います。

というのも、狙った周波数で同調かつインピーダンスが50Ω近くなるようにMMANAで寸法を決めても、実測するとかなりずれたところで同調してしまったからです。たとえば、28では28.475MHzで53Ω+1jくらいになるように作ったつもりが、実際は27.37で62Ω+0jとなった、などです。

それで最終的にどのような方法をとったかというと、

(1)まずMMANAで素直にシミュレートして一度作ってみる。そしてそのときの実際の同調周波数(必ずしもうまく同調しない場合もあるので、実際にはSWR最低点を同調点とみなす)と狙った周波数のズレΔfを各バンドごとにメモする。

(2)狙った周波数にΔfを足した周波数で同調するようにMMANAで再シミュレートして寸法を決め、作り直す。

(3)あとは(1)(2)を繰り返す。
というものです。
MMANAのシミュレートではエレメント間隔を固定し、エレメントの長さだけ最適化を繰り返しました。エレメント間隔は、5バンドのちょうど中間である21MHzを基準にし、Ra-Ref間=0.15λ程度、Ra-Dir間=0.1λ程度としました。Ra-Ref間を広めにしてあるのはインピーダンスを高くするためです。

■利得とFB比

これは実測するのは大変面倒そうなのでやっていません。アンテナを振ると、どのバンドもまずまずサイドは切れます。バック方向に若干ヌケがある程度です。MMANAのシミュレーションではこんなすばらしいビームパターンで信じがたいのですが、一応載せます。
24MHz
28
24MHz 
24
21MHz
21    
18MHz
18
14MHz
14
■今後の予定

28と24は、まだシミュレーションに慣れない時期に寸法を決めたので、インピーダンスが50オームからかなりずれています(30オームとか68オームとか)。もう少し チューニングするかもしれません。

2013年6月23日 (日)

移動用3エレ:21と18は出来た!

Ant

6月の週末はアンテナの調整ばかりやっておりますが、久々に達成感のある結果が出ました。

平日の間に自宅でシュミレーションして決めた寸法で実測してみたところ、21MHzで52Ω+0j、18MHzで50Ω+0jまで落とし込めました。
ただしSWR最低点(=ほぼ同調周波数と同じ)はいずれもバンドエッジの若干下(@地上高6.5m)。地上高をあげると同調点は上がるので、マストを全部伸ばして8mHにすればまあまあバンド内には入ってくるのではと思い、これ以上の調整はやめました。

■試し打ち(TZ6BB@15m WKD)
21Mの調整が終わったところでワッチしてみますと、21.005でゆっくりしたモールスが聞こえ、最後に打ったコールが「TZ6BB」に聞こえました。CQならばもう一度何か打ってくるのでは、と待ち構えますが動きはありません。

あきらめてダイヤルを少し動かすと、なんと21.0012付近でTZ6BBがCQを出しているではありませんか!

すぐにオンフレで呼びましたが、競合した他の局がまず拾われました。
それではと、次に呼んだら問題なく応答をもらえました。このときは他に誰も呼ぶ局はなく、本当に幸運でした。次の次の局くらいからクラスターにあがったらしく、パイルが立ち上がりましたので、ギリギリセーフです。

2013年6月21日 (金)

ボウモア17年

長野駅から程近い南千歳町にあるバー「BAR599」で、ボウモア17年をいただいてきました。

(写真は他からいただいたものです)

Bowmore19941704bbrwhiske_4

イギリスのBerry Bros. & Ruddという会社で出している「ボウモア1994/17年熟成 レトロラベル」というものだそうで、ボウモア蒸留所の数ある樽の中から特定の品質のものだけを選んでボトル詰めしてあるとのこと。

ボウモアというと「かなり薬くさいシングルモルト」という印象があるのですが、このボトルはその薬くささがなく、香りが上品です。

このお店、お店の名前から分かりますようにオーナーさんはハムです。

2013年6月18日 (火)

A25RJ@15m WKD from アパマン環境

先日、24MHzで八木を使って交信したA25RJですが、アパマン環境からも出来ました。

今日22時前に自宅アパマン環境(3Fベランダ設置の1/4λフルサイズホイップ+100W)で21を聞きますとA25RJが聞こえています。539というところですが、十分聞き取れますのでパイルに参戦。

up1が空いていたので、しばらく呼び続けましたが応答なし。

この局、JA相手に手際よくさばいているのですが、時折EUを拾っているので、オランダのWebSDRにつないで様子を見ると、up1-2はけっこう混み合っています。EU局がこの局を呼んでいるのでしょう。
それでは、ということで、SDR上で空いていたup3付近で数回呼んだら応答をもらえました。


SDRが功を奏したのはこれで2度目。
・空いている周波数で拾うタイプのオペレータ
・ある程度幅広い周波数帯を聞いてくれるオペレータ
が相手の場合はSDR併用がうまくいくようです。

2013年6月16日 (日)

移動用3エレ:28と24は出来たかも?

本日も雨上がりの河川敷でアンテナの調整です。

■先週まで
先週、ラジエータについて、DPとして動作するように28~14までSWR最低点を測って長さを決めました。
そして今日までの間に屋内作業で、ディレクタとリフレクタを作成しておきました。
長さは、各バンドとも
 
 ・ディレクタ長=ラジエータの長さ×0.95
 ・リフレクタ長=ラジエータの長さ×1.05

です。ただし28は先々週に全エレメントについて長さを決めてしまったので変えません。
■今日の作業
さて今日はこれを実際に並べてSWR最低点やSWR最低値がどうなるか見定めます。

<結果>
以下のような惨憺たる結果。21~14はダメダメです。
 28 SWR最低点は28.39付近(68Ω+0jX) 
 24 SWR最低点は24.62付近(43Ω+3jX)
 21 SWR最低点は20.90付近(33Ω+23jX)
 18 SWR最低点は17.94付近(46Ω+36jX)
 14 SWR最低点は13.56付近(30Ω+19jX)

24だけは微調整でバンド内にSWR最低点を持ってこれそうなので、MMANAでシミュレート。結果的にラジエータの長さ調整だけでできそうなので、両端を4cmくらいずつ切ってバンド内SWR2以下にしました。
21もMMANAで再度シミュレートして長さを変えてみましたが、SWRが2以下に下げることが出来ず、今日は断念。
■試し打ち

A25RJ 24MHz CW WKD
18時半前、クラスターでこの局がスポットされたので、28設定だったアンテナを24にして、パイルに加わりました。アンテナを西に向けると信号は559~579くらいで十分な強さ。up2付近が混んでいたので、空いていたup1.3で呼んでいたら数分でコールバックがありました。
ボツワナはオールニュー。

2013年6月 9日 (日)

八木の調整、FJ/K5WE@20m HRD

今日は午後から、移動用八木の調整でいつもの河川敷へ。

■八木の調整
今日は輻射器をDPとして動作させるべく、24⇒21⇒18⇒14の順にワイヤーの長さを決めていきました。

DPを作るにあたって、今回はインピーダンスを測って共振点を探るのではなく、SWRが最低となる点を探ることにしました。というのは、50Ωに整合の取れていないアンテナに、50オームの同軸ケーブルをつないでアナライザでインピーダンスを測ると、アナライザはそのケーブルの出口のインピーダンスを測ってしまうので、アンテナの正確なインピーダンスなど測れないから。ならば昔からやってきたように、SWR最低の点を探るほうが実際的ではないかと思ったからです。
SWRは地上高2mちょっとのところで測りました。28の輻射器で下調べしたところ、地上高をあげていくとSWR最低となる周波数もあがっていくので、2m高では、バンドの最下端でSWR最低となるようにしました。
14の輻射器まで長さを決めた後で、ふとクラスタを見ると、FJ/K5WEが14に出ている。
それで、マストを6.4m高まで伸ばしてリグをつなぐと、信号が良く聞こえています。ここでお試しで呼んでみることにしました。

■FJ/K5WE
DPで北北西方向にビームが向くようにし、30分ほど呼びまわりましたが、パイルが厚くてダメ。スプリットの空き周波数を狙って呼ぶのですが、ほぼ同じ周波数で他の局が拾ってもらっています。相手の聞く周波数は追えているものの、明らかに呼び負けです。

そこで、手元にあった10mより少し長いワイヤーを仮の反射器として張ってみることにしました。

反射器もどきを張ると信号は559~579くらいまであがってきました。SWRは2くらいですので許容範囲。これでまたしばらく呼びましたが、やっぱりだめ。だんだん帰宅の時間が近くなってきたので、18時前に撤収しました。あれだけ信号が強ければチャンスはありそうです。パイルが小さくなることを祈ります。

2013年6月 2日 (日)

移動用3エレ製作中

3elyagi

構想3ヶ月。移動用の3エレ八木を組み上げるメドがついたので、晴れ間を見て組み立ててみました。

最終的に14~28の5バンドギボシ八木にしたいので、まずは28M用を作ってみることにしました。

■28MHz向けの調整
MMANAで28.5MHz付近で共振(R=53Ω、jx=1)するようにシミュレートし、まずはその寸法で作って共振点を探してみると、なんと27.4MHz付近で共振(R=62Ω、jx=0)。

シミュレーションより1.1MHzも低いところで共振したので、どうやって調整しようかとしばらく思案。根拠はないけれど「共振させたい周波数の1.1MHz上で共振するようにシミュレートしてみればよいのでは?」と思い、28.5+1.1=29.6で共振するよう、持ってきたノートPCで再シミュレート。

出てきた寸法でエレメントワイヤーを切り、再度共振点をさぐると、28.03MHzくらいでR=60Ω、jx=6~9くらいになった。アナライザーの周波数を動かしてもそれ以上はjxが小さくならないし、28.5MHz付近ではjx=15くらいになってしまうのだが、SWR的には1.5以内に収まっているので、この辺で妥協。

■ビーム
今日はコンディションが悪く、21MHz以上のハイバンドはさっぱり聞こえないので、21MHzのVKの信号を聞きながらビームの切れを調べてみる。サイド方向には切れるが、バックは多少抜ける感じ。フロントでS7の信号がサイドでS0~1、バックでS3~4くらい。
(参考:SFI=106 SSN=60 A=49 K=3)
■お試し運用
そんなことをしていたら、クラスタにTR8CAのスポットがあがった。28.373に出ているのというのでダイヤルを回すと、S3~5くらいで聞こえました。早速呼んでみたのですが、すぐに信号が小さくなってしまったのと、瞬く間にパイルが大きくなってしまったので交信はならず。

IBPのビーコンを聞くとZS6DNの信号が良く聞こえたので、もしや?と思い、CQを出してみると、AFは釣れなかったものの、RA6HUから呼ばれました。レポートは579。いままでCQ出してDXからコールをもらうことなんてなかったから、信号は出てはいるようです。

■今後の予定
次は24MHzの調整。もっともその前に、ギボシをつけると共振点が変わったりしないか、まずは今の状態の周波数特性を測っておいて、ギボシをつけてどう変わるか確認するのが先かな。

« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »