無料ブログはココログ

« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »

2013年9月

2013年9月29日 (日)

TI8AA@40mSSB with 屋根上給電バーチカル

土曜の夜は世の中?的にはWW RTTYコンテストでにぎやかだったのですが、その陰で自宅アパマン環境の若干の改善を図ってみました。

我が家のベランダアンテナは手すりにアースを取った10m釣竿利用のバーチカルです。給電点が手元にあるおかげで、160mや80m用のコイルの挿入がすばやく出来、QSYが容易なのですが、その反面、給電点が屋根より下になり、かならずしも性能的に満足できるものではありませんでした。

そこで、40mの場合だけですが、給電点を屋根の上まで上げてみることにしました。

40m用のワイヤを釣竿にいつもより密に巻いてやると、ワイヤの下端が屋根の高さと同じ位になりましたので、そこに同軸をつなぎ、アースは10m長さの1本ラジアルにしました。

ラジアルは折り曲げてベランダを1往復させ、あまった分は階下に垂らしました(幸い下の部屋は空き部屋)。

SWRは2~3くらいですが、リグ内蔵のチューナーで強引に合わせます。

ためしにワッチしてみると若干ノイズが少ない気がします。気のせいかもしれませんが。

PHバンドでかすかに聞こえていていたTI8AAのCQに応答すると、割と簡単にコールバックがありました。レポートは57。そんなによく飛んでいるのか?

ラジアルの張り加減でSWRは変化しますが、うまく流してやるとチューナーなしでもSWR=2くらいまで落とせます。QSYが面倒ですが、40mだけに注力したいときはこれを試してみようと思います。

2013年9月27日 (金)

W9NGA on RTTY

今日は夕食後、ゆっくりと自宅で7MHzをワッチ。

■YN2N 7MHz SSB

 クラスターで「WW」をみていたらこの局が上がっていました。
 早速PHバンドに行ってみると、強力なノイズの陰からこの局のCQが聞こえていました。
 2度ほど呼びましたがすぐCQに。三度目の正直で呼んでみたら拾われました。
 当方のレポートは43。常連局ゆえパイルも無かったのが幸いしました。

■W9NGA 7MHz RTTY
 この局はJCCハンターとして有名です。以前はCWのCQを良く聞きましたが、珍しくRTTYでCQを出しています。ひょっとして今度はRTTYでJCCを探しているのでは、と思い呼んでみました。
 「RTTYのWACAにチャレンジし始めたのか?」と聞いてみたら、「RTTY WACAには道半ばだ」という返事が返ってきました。がんばってほしいものです。

野沢温泉村(下高井郡:JCG09009)

1377611_552228244843258_841321949_n

会社の休みが取れたので、本日、野沢温泉へ行ってみました。
長野市から、上信越道と国道117号線で、所要約1時間。
前回長野に住んでいたころ(1995年~98年)は、まだ十分に道路が整備されていなくて、手前の飯山市まで行くのだって1時間以上はかかりました。ましてやその奥の野沢温泉となると、それなりに覚悟を決めないと出かけられませんでした。

ところが、いまや1時間ちょっと。気軽に出かけられる場所になりました。

野沢温泉には外湯(共同浴場)が13箇所あって、今日はそのうちの5箇所を回りました。

「大湯」を除けば、いずれも相当なあつ湯です。水で調節しないととても湯に浸かれません。もっともその「大湯」とて、すでに入浴していた人がいたから多少ぬるめにしてあっただけ、という気がします。

外湯は、平日ということもあって観光客は少なく、地元の人と一緒に湯に浸からせていただく、という感じです。私のような「観光客」を過剰に歓待するわけでもなく、かといって「よそ者」として扱うわけでもなく、程よい距離感を感じます。

外湯にたいてい併設してある洗い場では、地元のお母さんたちが世間話をしながら洗い物をしていたり、写真の麻釜(おがま)でも、なにかをゆでている地元の人たちがいました。
温泉街は、中小の旅館が中心で、曲がりくねった迷路のような路地が特徴的です。この手の場所にありがちな「いかがわしい雰囲気」は感じられず、純粋に温泉と温泉場の雰囲気を楽しむには良い所だと思いました。


ところで、野沢温泉村は下高井郡(JCG09009)にあります。
これまで何度かQSOしている、フランスのJCC/JCGチェイサーF6EMA、Chrisのwanted Listを見ると、この下高井郡がありました。北西方向に開けた場所があれば、彼のためにサービスできるかも?

2013年9月22日 (日)

XZ1Z@15mSSB、12mCW

0922

(写真)14-28MHz 5バンド八木@8mH。風が無かったので久しぶりにフルアップ。

3週間ぶりの移動運用です。9月は週末ごとに天気が崩れて、なかなか移動運用に出かける機会がありませんでした。

さて、今日の目標はXZ1Z(Myanmar)です。

自宅アパマン環境では14時過ぎから20mCWと15mCWで聞こえていたのですが、20mはとても弱くてダメ、15mはパイルがきつくてダメ、という感じで、やむなく、15時過ぎに近所の河川敷へ出動しました。

アンテナ設営後はまず15mCWで呼びまわりましたがEU/JA混在のパイルでダメ。その後SSBにQSYしたのを捕まえて、なんとか1交信を確保。

その後12mCWにQSYしたようなので、up2~4ぐらいを呼びまわっていたら、空いていたup2.5で拾ってもらえました。
18時頃になってクラスタに10mCWのスポットが上がりました。このバンドの信号も強力で599で入感していましたが、ほぼ拾われるのはEUばかりという状況で、50W+3エレ八木では歯が立ちません。信号が弱くなってきた18時半頃、あきらめて撤収を開始しました。


さて今日はDXscapeが落ちていたらしく、しかたなくTwitterやDXsummitを使いながらQSY情報を得ました。DXscapeがないと、なんだか心細い感じがして、普段いかに自分がクラスタに頼っていたか良く分かりました。

2013年9月 1日 (日)

今朝の移動運用

今朝は5時半起きで近所の河川敷へ。

20130901

■少年野球
現地に着いたときには人もまばらだったのが、しばらくすると、少年野球とその父兄の車が大挙してやってきた。この河川敷には野球場が何面かあって、このシーズンの朝は少年野球の子供たちでにぎわっているのだが、今日はいつもより人が多い・・・。
子供たちや父兄の声を聞いていると、今日7時半から野球大会の開会式があるらしい。
大勢の人に囲まれて、非常に気まずい感じでアンテナを設営。そして、大変申し訳ないが、私の車の周囲のアンテナの上げ下ろしに必要なスペースの分だけは駐車を遠慮していただいた。(すぐ隣に駐車されるとアンテナの撤収すら出来なくなってしまう)
しばらく肩身の狭い思いで運用していたのだが、8時に開会式が終わると、あっという間に車も人がいなくなった。
移動運用の場所というのは、いつも安心して使えるわけではないので、悩ましい。


■釣果

今日は、SSN=60ということで、21M以上はパッとしないようだ。クラスターを眺めつつ運用バンドを18Mに決めた。少し風があるので、ポールのフルアップはしない。

CO8LYのCW CQが聞こえるが、呼んでも応答なし。アメリカ東海岸のNY州あたりも聞こえるが、これも弱い。

結局、SSBでN0UN(CO)、K8NY(WV)とやって、本日は終了。
N0UNとは59+/59+、K8NYは59/43で、こちらの信号はあまりよくは届いていないみたい。
あと、ちょっと面白かったのはKB7ナントカという局がCQを出していて「QRP 10W」と叫んでいたこと。西海岸とはいえ、私のような小パワーの局が聞こえるのは気分がいい。

■朝の河川敷
朝の河川敷はいろんな人が散歩していて、私のアンテナをみて「これは何だい?」と声をかけてくることがある。今日もそんな感じで、市内にお住まいのハムから声をかけられた。
私と同じカムバックハムで、カムバック後2年とのこと。今は6mの移動運用に取り組んでおられるらしい。40分くらい話し込んでしまったが、こういう交流もまた面白いものです。

« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »