無料ブログはココログ

« V44KAO問題 | トップページ | GU4CHY@30m »

2013年10月19日 (土)

アポロ神父を追いかけて

風邪の具合も良くなってきたので、久しぶりに夕方から移動運用。

C82DXやTN2MSが聞こえてこないかとワッチをするが、まったく聞こえず。しばらくするとどちらもクラスタに上がってきたが、アンテナをSP方向に向けてもLP方向に向けても、まったく聞こえない。

そうこうしていると、クラスタに「SV2ASP/A」の文字が!

あわててその周波数に行くと、JE1LETさんがコントロールするDX NETにアポロ神父が出てきているようなのだ。せめて神父の声だけでもと思い(別に信心深いわけではないのだが)、耳を凝らすが、ご本尊(文字通り?)は聞こえない。

どうやら神父はリクエストに応じて、14、18、21、24の各バンドを行ったりきたりしているようだ。私のアンテナはQSYに数分かかるので、必ずしも同調したアンテナでワッチできたわけではないのだが、どのバンドも声は聞こえど、神父の声かどうかが分からない。もちろんまったく信号が聞こえないバンドもある。

アポロ神父の信号はいつもこんなに弱いのだろうか?
もしそうだとすると、これはなかなか大変だ。

しかも、こういったDXNET形式で誰かがコントロールする場に居合わせないといけないとなると、ちょっと敷居が高い感じもする。そもそもこのDX NETって誰でも参加できるのか?
そんなわけで、今日のところは神父の声は聞けずじまい。


■そのほかの成果
GI4DOH 14C ・・ LP。エコーがきつくて聞き取りにくかった。先方もコピーに苦労していた。
EA8DO 14S ・・ LP。双方59+でレポート交換。
CT9/DF7ZS 18S ・・・SP。小パイルになっていたけど順番が回ってきました。

上記3局とも、すでに交信済みのエンティティ。
未交信エンティティは出てきてくれないものです。

« V44KAO問題 | トップページ | GU4CHY@30m »

DX」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« V44KAO問題 | トップページ | GU4CHY@30m »