無料ブログはココログ

« 2013年11月 | トップページ | 2014年1月 »

2013年12月

2013年12月29日 (日)

Stew Perry 2013

年末恒例のStew Perry コンテスト。今日のSSNは95と高いですが(SFI=135、SSN=95、A=3、K=2)、近場とのQSOも得点になるし、ちょっとだけ参加してみました。(アンテナはアパマン環境の10m釣竿バーチカル+手巻きのコイル)

■12月29日(日) 0時台

日本時間の日付が変わると同時にコンテスト開始です。
いきなりN9RVと出来て幸先の良いスタート。QRZ.comのデータによれば距離は約8300kmです。
しかしその後、RA0FF(1200km)、BD4FM(1650km)など近場と出来た後はぱったり聞こえなくなりました。深夜まで粘るつもりはないので、就寝。

■12月29日(日) 21時~

まずは常連局HL5IVL(800km)と交信。
その後N0TTが聞こえいて「JR0」まではコピーされたのですが、その後が続かずNIL。出来ていれば10000km越えだったので残念。
現在もワッチ中ですが、聞こえるのはJAの常連局のみ。このまま終わりそうな気配です。

2013年12月28日 (土)

PJ5/K6NAO? HRD on 17m

今朝、7時半くらいから18.087でゆっくり目のCWでパイルをさばいている局がいた。

クラスターを見るとPJ5/K6NAOのようなんだけど、なかなかコールを打たないので誰なのか確認できない。

up指定のスプリットになっているので、どの辺で呼べばいいのか探りに行っていたら、その間に自コールを打っていたらしく、聞き漏らし。
その後、8時を過ぎるとほとんど聞こえなくなってしまった。
せっかくアパマンのバーチカルでも聞こえていたのに残念。

2013年12月 7日 (土)

OD5ZZ@17m SSB

買い物から帰ってきてクラスタを覗いたらOD5ZZのスポットが上がっている。

ODは実家にいるときに一度できたはずなのだが、送られてきたQSLに書かれていた私のコールが間違っていて、未CFMの状態。

今ならメールで連絡を取ってQSLを再送してもらうくらい簡単にできるが、当時(1986年)はそういうわけには行かなかった。しかもその頃のレバノンはそれほど政情が安定していなかったので、カードの再送依頼は断念していた。
OD5ZZは若干エコーを伴って聞こえているものの、ベランダのGPアンテナでも55で聞こえている。何局か呼ばれたのちにCQになった。そのタイミングで呼んだところほぼ1回でフルコピーされました。
27年越しのODでした。

2013年12月 1日 (日)

YV5IUA WKD with 20mMOXON

20mmox

先日のWWDXの結果から、「自作3エレ八木は打ち上げ角が高いのではないか?」(地上高はどうがんばっても8mだから)という懸念に駆られ、今朝は昨年まで使っていた垂直MOXONを使ってみました。

MMANAのシミュレーションでは打ち上げ角は20度以下で、八木よりはマシ。

しかし信号がよく聞こえるようになった、ということはありませんでした。利得に関して言えばやっぱり3エレ八木のほうが上です。八木に比べると信号がノイズから浮き上がる感じも乏しい。もっとも今日はそれほどオンエアがあったわけではないのでサンプルも少なく、比較は難しいかもしれませんが。
8時前に20mでゆっくり目のCWが聞こえており、これがYV5・・・と打っていたのでコールしたら拾ってもらえました。ベネズエラは実はオールニューです。
このあと、17mのSSBでWと一局やって今日は終わり。

« 2013年11月 | トップページ | 2014年1月 »