無料ブログはココログ

« FT5ZM強化デーにもかかわらず不発 | トップページ | この週末 »

2014年2月 4日 (火)

FT5ZMその後

■10MHz

日曜日の夜、「Reverse Beacon Network」で「FT5ZM」を検索で引っ掛けておいたら、2130J頃に、10MHzでレポートが上がった。さっそくその周波数を見に行くと小パイルができている。

up3くらいで呼んでいたが応答がもらえず、そのうちあるJA局がクラスタにスポットを上げてしまった。

これはまずい、と思ったが、めげずに呼んでいたら、パイルがそれほど大きくなる前に「JR0LG」で引っかかった。「JR0ELG」と訂正したが、その結果が「JR0E」まで聞き取れたところで信号が弱くなってしまった。相手は熟達したオペレータだろうし、大丈夫だろうと信頼して「599 TU」を送っておいた。その後無事にログサーチで確認。

■24MHz

今日の夜、夕食後に各バンドを巡回していたら、24MHzのCWがよく聞こえている。主にEUを拾っているが、時折JAを拾うので、パイルに参戦。

今回はリターン周波数をある程度読んだ上で呼ぶことにする。
ただ、EU局へのリターンは自局の設備ではよく分からないので、EUにあるWebSDRを睨みながらリターン周波数を見つけてみることにした。

すると、up2.5の付近にリターンをもらった局らしき「線」が出ているような気がする。

そこで、ちょっとずらしてup2.8くらいで呼んでいたら、ものの数分でリターン有り。

リターン周波数を見定めるのはやはり大事なようですね。

■21MHz

24MHzをゲットした後、21のRTTYがよく見えていたのでパイルに参戦。
21080の信号に対して21100付近まで広がって呼ぶ大パイルです。

しかし、2130Jを過ぎる頃には信号が弱くなってしまって、プリントできなくなり、今日は断念。

« FT5ZM強化デーにもかかわらず不発 | トップページ | この週末 »

DX」カテゴリの記事

コメント

10/24MHZでの交信、おめでとうございます。
自分の場合、一番強力に聴こえていたのが10MHZ、一番楽に交信出来たのが24MHZでした。
21MHZ、昨日(4日)の午後は何と21.085MHZ(RTTYの周波数)にCWでQRVしていましたhi
FB DXを!

30m、12mのQSOおめでとうございます。

30mは我が家でもカスカスで聞こえたりしていますが、ノイズも多く呼べる状態でないです。

明日は仕事が休みなんですが、寒すぎなので移動は止めです。

BMFさん

FT5ZMは最近イレギュラーな運用が見られますね。
今日の夜の14MHzも、送信周波数をちょこちょこ変えてみたり、一旦「QRT」と打った後に、別の周波数に出てきたりしていました。
それだけパイルがすごいということなのかもしません。

DRLさん

Clublogのチャートを見ると、JAからは30mは朝の交信実績が多いようですね。私が出来たのは22Jちょっと前でしたが、朝のほうがよく聞こえているのかもしれません。

当地もまた冷え込みが厳しくなってきたので、出来れば夕方~夜のアパマン運用だけでなんとかしたいです。hi。

朝の30mですか、マークしてみます。

早く暖かくなってほしいです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« FT5ZM強化デーにもかかわらず不発 | トップページ | この週末 »