無料ブログはココログ

« D3AA@15m | トップページ | 川島小鳥「未来ちゃん」写真展 »

2014年4月30日 (水)

国際宇宙ステーション(初の衛星信号受信?)

昨日(4/29)、国際宇宙ステーション(ISS)に滞在中の若田光一飛行士(船長)と、姫路市の小学校との間でARISSスクールコンタクトが行われました。

Bmxy6uhcuaejzf0_3

交信可能な時間帯は、2014年4月29日 18:05~18:15(JST)とのことでしたが、上記飛行ルートを見ると、もうちょっと短い感じです。
ISSの飛行高度は約400km、当地~飛行ルート間の最短距離も400km程度のようですから、ISSが最も近づく点において、上方約45度の角度から電波が飛んでくる計算になります。そのときの方角は南西ですから、我が家の南向きのベランダに設置したアンテナでも受信できそうです。

ということで、いつもはHFのアンテナをつなぐベランダの基台に144/430のモビホを設置。リグはFT-817を接続。ISSの位置は「Current Position of ISS」のサイトで確認しながらワッチ開始。

受信の模様はこんな感じ
45秒~1分22秒くらいの間で、若田さんの声が聞こえます。
「(船内の)酸素は電気分解して作ってます」とか言っています。

上記の飛行ルート図でも分かるように、ISSが地平線付近ではほとんど信号は聞こえず、ある程度の高度に来ないと、今回のような環境では受信が難しいようです。

私は一応アマチュア無線暦31年ですが、OSCARなどアマチュア衛星の信号を受信した経験はありません。でも信号を聞くだけだったら、意外と簡単なんですね。

« D3AA@15m | トップページ | 川島小鳥「未来ちゃん」写真展 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« D3AA@15m | トップページ | 川島小鳥「未来ちゃん」写真展 »