無料ブログはココログ

« 川島小鳥「未来ちゃん」写真展 | トップページ | ギリシャからの運用計画は頓挫 »

2014年5月11日 (日)

PJ5/K6NAO@20m WKD

Ant

今日は久々の移動運用です。

夕方、PJ5/K6NAOが17mでスポットされていましたが、自宅アパマン環境でワッチしてみても信号が聞こえません。

今日は家内が友達と遊びに出かけていて、夜まで戻りません。これ幸い?と、久しぶりに3エレ八木を引っ張り出して移動運用に出撃しました。

移動先に着いて、アンテナを組み上げたのが18時過ぎ。風が強いので、マストは6mとしました。アンテナを組み立てている間に20mにQSYしたようなので、アンテナも20mに設定変更。

ワッチを開始すると、強力ではないものの、十分聞き取れる強さで信号が聞こえます。

事前に「up1.7で呼ぶと良い」という情報を得ていたので、up1.7決め打ちでコールすること約10分。「★△※ELG」と呼ばれたような気が?

しかしオンフレで呼ぶ輩がいて(こういう時に限って強い局だったりする)、コールバックが確認できない。しかも「UP」と注意する局や、「UR 599」とか打って呼ぶのを止めさせようとする局まで出てきて一時混沌状態に。これはマズい!

ひとしきり落ち着いたところで、もう一度さっきの周波数で自コールを二度送信して、再度コールバックを待つと、無事フルコールで「599」を送ってきました。こちらからも「599 TU」を送って無事WKD。やれやれ~。

これで満足なので、すぐにアンテナを撤収して帰って来ました。運用時間は都合30分くらいかな?夜になってClublogでもログインしていることを確認して一安心。PJ5はオールニュー。やっとPJ2以外のPJシリーズが増えました。

« 川島小鳥「未来ちゃん」写真展 | トップページ | ギリシャからの運用計画は頓挫 »

DX」カテゴリの記事

コメント

ペディション終了前の(多分)最後のチャンスに、時間をかけずにゲットできて良かったですね。
1.7というのは、ずっとワッチしていて“絶対ここだ!”と思っただけでして、もっと拾われ易い周波数があるのか、ないのか、それは不明ですhi
オンフレの輩が本当に迷惑ですね。
間違えてオンフレで呼ぶ局よりも、「UP UP」組のせいで肝心なときに聞こえません。

あのup周波数はインスピレーションでしたか。
しかしそれはLSFさんのワッチの成果であるわけで、それを使わせていただいた形になり、恐縮です。

パイルを聞きながら「拾われやすい周波数」を見つけるのって、皆さんどうやっているのでしょうね。リターンをもらった局が聞こえればそれも可能ですが、JA局はハイバンドではスキップして聞こえなかったりしますし、EUやWの局はそもそも聞こえないことも多いので、なかなか難しいです。私はWebSDRを使うことを思いつきましたが、それも万能ではありません。

30分でゲット、なかなかの運用スキルですね。
おめでとうございます。

昨晩、短縮なしホイップ17m~10mで出掛けたものの、
多くのニュエンティ局が聞こえてもかすりもせずでした。

当局はしばらくスランプ中、欲張りがいけないようです。

HYGさんの運用、勉強&励みになります。

DRLさん

私もWKDできたときは勇んで記事を書きますが、そうでないときのほうが多いです。先ほどもJ28NCの空振りCQにかすりもせず、9H3XXも交信できないままQRTしてしまいました、hi。
ぼちぼちがんばりましょう。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 川島小鳥「未来ちゃん」写真展 | トップページ | ギリシャからの運用計画は頓挫 »