無料ブログはココログ

« 臨時検査&アイボール@仙台 | トップページ | DXCCのスロット埋め & IARU HF Championship »

2014年7月 6日 (日)

久々に運用

6下~7上にかけて、職場の転出・転入者対応などで忙しく、運用の時間が取れませんでした。2週間ぶりの運用です。

Img_3057

あまり体調も思わしくないので、3エレ八木を上げるのはやめて、おとなしくフルサイズバーチカルで運用。

17時くらいから19時ちょっと前まで運用しましたが、あまりcondxはパっとしません。

ちょうど「Independence Contest of Venezuela」開催中で、20mでYV5CHJがよく聞こえていたのでコール。パイルにもなっていないのになかなか拾ってもらえず、運用場所を河川敷の土手上から川べりに移動させたら、拾ってもらえました。この局はLoTW対応。ベネズエラは未CFMなので、期待です。

そのほか、15mでスペインのフェリペ6世即位記念局「EF6」とQSO。

« 臨時検査&アイボール@仙台 | トップページ | DXCCのスロット埋め & IARU HF Championship »

DX」カテゴリの記事

コメント

スペインの元国王はアマチュア無線を嗜んでおられましたが、新国王は如何なんでしょうか?
6月中旬~7月上旬、自分の場合はJT65の受信だけ。
流石に運用地点が病院の駐車場では hi
FB DXを!

こんにちは。
八木の運用は少し気合が必要ですよね。
写真を拝見して、バーチカルの取付方法に興味を持ちました。
ルーフキャリアに固定されているのでしょうか。

BMFさん

 フェリペ6世は特にハムというわけではなさそうですね。しかし、ヨットはされるそうです。病院の駐車場ではちょっと電波も出しづらいですね。


DRLさん

 八木の設置は気力・体力両方ないとつらいです、hi。

 さて、私の車用バーチカルですが、これはワールド・ワイドの5.4m釣竿にワイヤを巻きつけたものです。
 釣竿は短い塩ビ管(VP30)に挿してあり、車のルーフキャリアには塩ビのジョイントをクロスマウントで固定しています。
 VP30をジョイントに挿してやると、釣竿がルーフキャリアに固定されるようになっています。今手元に写真がないのですが、伝わりますでしょうか。

水辺だとやっぱり違いがでるのかな?

わかりやすい説明でイメージできました。フルサイズバーチカル18MHzまでなら風がなければマグネットベースでも運用できる時はあるんですが、14MHzとなるとそうもいかないので勉強になりました。

バーチカルの場合、平らな水に近い場所のほうが良いといわれてますから、その効果が出たのかもしれません。
土手上は、八木などアースを必要としないアンテナに向いているようですね。

クロスマウントで釣竿を固定する方式は風の強い日でも運用できるので重宝しています。

Nice post. I study one thing more difficult on completely different blogs everyday. abfddkaebbea

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 臨時検査&アイボール@仙台 | トップページ | DXCCのスロット埋め & IARU HF Championship »