無料ブログはココログ

« ZD9XF 30mCW WKD | トップページ | VP5/G3SWH »

2014年10月 2日 (木)

CQ誌10月号「QSLカード最新事情」

CQ誌にあまりジャーナリスティックな記事を求めてもいけないのかもしれないが、今月の特集は期待はずれ。

海外DXをやっていると、QSLの発行は一仕事である。

未交信のエンティティであれば、迷うことなくダイレクト請求すればよい。「バンドニュー」とか「モードニュー」の場合も、自分の目標(5バンドDXCCとか)にあわせて請求すればよい。

問題は「そのエンティティは持っているけどその局とは未交信」というような場合である。

シリアスにDXCCに専念するのであれば、「請求しない」と割り切れる。しかし、DXCCだけに専念するDXingというのもさびしい感じがするので、QSL請求しようかとも思う。しかしその局が「ダイレクトのみ」だったりすると、金もかかるのであきらめたりもする。

そもそもそういった局のQSLポリシーをQRZ.comでいちいち調べて「請求する・しない」を判断したり、相手のポリシーに合わせて請求するのがとても大変である。そんな暇があったら、今聞こえている局とQSOしたい。あるいは仕事や家族のための時間に当てたい。

そこで、「他の人たちはどういうスタイル・ポリシーでQSL請求を行っているのだろう?」という疑問になる。

QSLにまつわる悩みは結構多いのではないかと思う。そういう悩みを掬い上げて記事にするのが雑誌=ジャーナルの役目ではないだろうか。

« ZD9XF 30mCW WKD | トップページ | VP5/G3SWH »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ZD9XF 30mCW WKD | トップページ | VP5/G3SWH »