無料ブログはココログ

« 2014年11月 | トップページ | 2015年1月 »

2014年12月

2014年12月28日 (日)

20m長折り返しバーチカル

12月のはじめになんとかWASを完成させてから、すっかりシャックから離れていました。

仕事も忙しかったし、忘年会もあったし、雪が降ってベランダのアンテナを伸ばせなかった日も多かったし、約3週間ぶりのご無沙汰です。

年末の休みに入った土曜日(12/27)、夕方から夜にかけてローバンドをワッチしてみました。

アンテナはかねてから試してみたかった「20m長折り返しバーチカル」です。

これは垂直に立てた10mの釣竿に、「行って帰って来い」で20mのワイヤーを這わせ、その一端にATUをつないで給電するというもの。下図はそのイメージ。

Photo

狙いは、いわゆる「タワードライブアンテナ」とか「シャントフィードアンテナ」と同様に動作させることが出来ないか?ということです。

寸法的には3.5MHz用と言うことになりますので、まずは3.5をワッチ。チューニングはATUにお任せです。

LU5YFのスポットが上がりましたので早速その周波数に行ってみますが、まったく聞こえません。南米はさすがに無理かと思い、RBNでスポットされている複数のJA局も聞きにいってみましたが、聞こえる局と聞こえない局がある。

一応他のバンドも聞いてみようと、7MHzあたりも聞いてみます。

P4/DL6RAIが割りとしっかりした信号で聞こえていて、これを呼んでみます。大してパイルにもなっていないのに、さっぱり応答がありません。よく聞こえているので一応動作はしていると思うのですが、飛びません。

次にV73NS。か細い信号ですが、近場なのでなんとかなると思いたい。こちらのほうは一応応答らしきものが返ってきましたが、JA局の混信もあり、うまく聞き取れません。NILかもしれません(今日無事LoTWでCFMできました)

最後は1.8。

ちょうどStewPerryが始まったところでしたので期待しましたが、JA局しか聞こえません。JE1SPY局とJH4UYB局には相手をしていただきましたが、もうちょっとDXが聞こえてもいいのでは。

というわけで、果たしてうまく動いているのかどうか、はなはだ疑わしい結果になりました。

同一局の信号を聞きながら、折り返しのない普通のバーチカルと切り替えて比較してみないと分からない感じです。

2014年12月 7日 (日)

W1AW/1 (ME) WKD WAS完成(たぶん)

やっとWASが完成しました。

今朝は6時起き。外はまだ暗いので天気はよく分かりませんが、東の空に雲の切れ間が見えるので、悪くはなさそうです。

とりあえずベランダの釣竿アンテナを伸ばしてワッチ。RBNを見ると今日はW1AW/1は28,24,21とハイバンドに出ています。しかし不感。

明るくなってくると、21.044でなにやら信号が聞こえ始めました。「ME」と言うモールスが聞こえるのでたぶんW1AW/1でしょう。しかしまだ呼べる強さにはなりません。

天気も悪くなさそうだし、これは寒さを我慢してでも移動運用に出たほうがいいかも・・・と思い、身支度を整えました。そして再度ワッチすると、21の信号が十分強く聞こえています。

これは!と思い、up1~2位の間で数回呼んだら、up2で応答がありました。

しっかりした応答がもらえたので大丈夫でしょう。LoTW待ちです。

これで「今年度中にWASを完成させねば」のモヤモヤから開放されました。

細かいことを言うと、NYは紙QSLしかないのですけど(誰かLoTWにログ上げてくれないかな・・・)。

その後28.030の信号もよく聞こえるようになって、こちらのほうもパイル参戦しましたが、こちらのほうはダメでした。そして、8:00Jになると、QRTを宣言を出して引っ込んでしまいました。W1AW/xの運用はシフトがあるのか、こういう「正時」で運用を開始したりQRTしたりしますね。

<今日の成果>

W1AW/1(ME) 21C WKD

W1AW/9(IL) 24S WKD ・・・ローカル局かと思うくらい強かった。

YS1/NP3JA 28S YS1/NP3Jかと思ったが女性の声。違う局でした。

2014年12月 6日 (土)

VP2MDX CFM

Photo

WWDX でのVP2MDX(Montserrat)がLoTWでCFMできました。やれやれ・・・。

ZF1Aの40CはCFMできたけど、PJ2Tはヒットせず。NILのようです。

■W1AW/1(ME)は進捗なし

今朝(12月6日)は雪。車のタイヤはまだ交換していないので(今日交換の予定だった)、移動運用はなし。自宅でおとなしく釣竿運用です。

お目当てのW1AW/1は21MHzのSSBに出てきましたが、釣竿ではかろうじて聞き取れるくらいの強さです。それでもがんばって呼んでいたのですが、7:11にはQRTを宣言して引っ込んでしまいました。これから、というタイミングでQRTされると厳しい。

RBN情報によると、その後しばらくして160mで運用を始めました。今週末はARRL160m。ひょっとしてこの週末は160mしか運用しないのでは・・・という嫌な予感。

<今日の成果>

FW5JJ 21C WKD

K8NY 18C WKD

PJ4DX 12S HRD よく聞こえていた。明日も出てくるかな?

2014年12月 5日 (金)

W1AW/1(ME) 追っかけ

W1AW/*、メイン州からの2回目の運用が始まりました。

前回の運用はあまりJAを意識してくれていない感じで、交信の機会がなかったので、今度こそは、どこでもいいから1交信したいところ。

今週はW1AW/1シフトを敷いているので、途中経過などを。

■12/3(水)

 夜、20mでレポートが上がっているものの、我が家で殆ど聞き取れません。

■12/4(木)  

 朝は6時過ぎからワッチ開始。6時半ちょっと前に18.072でゆっくりしたCWが聞こえ始める。

 呼ぶ人もまばらなのでコールするが、W中心に拾っていて、ときおりJAを拾う状況。私の信号などはまったく聞こえていない模様。

 6時半には朝食を食べないといけないので一旦離席。

 出勤の準備を整えて、出かける前の5分ほどワッチしてみると20mのSSBにでも出ている。しかし「Outside JA」で呼ぶことが出来ず。7:15、あきらめて出勤。

■12/5(金)

 少し寝坊して6:20頃からワッチ。今朝はまったく聞こえない。朝食や出勤準備の後、各バンドワッチする。

 出勤直前に、24.907付近でなにやら小パイルを見つける。PJ2/K2PLFの模様。呼ぶ人も少なく、私の釣竿+100Wでも応答があった。リターンは最初「JR0LG」で、次に「JR0ELM」のように聞こえた。短点が歯抜け気味だったが、時間も時間でどうすることも出来ず、599TUを送る。

 慌ててログ記入&アンテナを畳んで、出勤。その後回覧板出し、ゴミ出しなどもあって少し遅れて駅についた。

« 2014年11月 | トップページ | 2015年1月 »