無料ブログはココログ

« EK0W/P Armenia | トップページ | EK0W QSL route »

2015年6月 8日 (月)

まさかの3DA0TM on 20m SSB

日曜日の風呂上り、日付も変わるし、もう寝ようかとクラスターを確認すると、EU/AF方面が開けている。

ZB2CW(15C)、MD0CCE(17S)、9J2BO(20C)・・・などと並んで3DA0TMがスポットされている。

慌ててZBを探しに行くがなんとなく聞こえているような聞こえないような・・・で確認できず。

MD0CCEは珍しくSSBでCQを出している。この人の声を聞くのは初めて。

---

さて3DA0TM。

今まで聞こえたためしが無いので期待していなかったのだが、ダイヤルを合わせてみるとかろうじて聞き取れるレベル。小パイルらしき状態になっているが、一応呼んでみる。

何局か先にQSOしていく局がいたが、聞いていると呼ぶ人はまばらで、順番に交信していく感じ。パイルが大きくならないうちに・・・と思って呼んでいたら程なく「JR0ELG」と呼ばれたような?

慌てて呼ばずにしばらく待つと「JR0ELG is there?」ともう一度繰り返している!

ここで安心してレポートを送り、交信成立。

昨日のEKに引き続いて、オールニューが出ました。

« EK0W/P Armenia | トップページ | EK0W QSL route »

DX」カテゴリの記事

コメント

おめでとうございます。
同じ時間帯に聞いていましたが、うちでは全く了解不能でした。

ありがとうございます。
AF方面は西のほうが有利と思いますが、今回は局地的な入感だったのかもしれませんね。パイルが小さかったのはそのせいかもしれません。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« EK0W/P Armenia | トップページ | EK0W QSL route »